三蔵様と旅をする

華流ドラマ『three kingdoms』で趙雲を演じられたニエ・ユエンさんの澄んだ美しい瞳と素晴らしい演技力にすっかり魅せられたウサ蔵は、その後、最愛の三蔵様に巡りあい、原語DVD購入では飽き足らず、師父人形まで造ってしまったのでした(変態)。というわけで、天竺までの道のりを人形師父と共に再現するブログです。※当ブログは球体関節人形を扱っていますので、苦手な方はご注意ください。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 師父と遊ぼう(中雷音寺編)
CATEGORY ≫ 師父と遊ぼう(中雷音寺編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「三蔵さま御一行の過去が今明かされる!」3

…一週間後…
修行僧A「……。」
kako15

…二週間後…
トテトテトテ……
プー「ムホッ!」
師父「……ありがとう。」
kako16

ドカドカドカ…バキッ!!
ケレ「……。」
師父「……ありがとう。」
kako17

…一ヶ月後…
チビ「三蔵様は本当に博識でいらっしゃいますね、寺の皆が感心しておりましたよ。」
師父「いえ、私などまだまだです。」
kako18

悟空「そんなの当たり前だぜ、師父はあっち(唐w)でも大秀才で通ってたんだからな。」
チビ「悟空殿、やはりそうでしたか!でも学問だけじゃないんですよね、徳がお高く、その上人を惹きつける魅力もおありだって皆で噂してるんですよ!」
悟空「それも当たり前〜!何てったって如◯様のお気に入りですもの〜!」
チビ「え、今なんて仰いました?にょ…?」
悟空「女人(妖怪のw)達のスーパーアイドル!なのに決して惑わされない鉄壁の理性!」
kako26

師父「悟空!いい加減にせぬか!」
悟空「あらら、怒って行っちゃったよ、ホント冗談が通じないお方w」
kako19

…二ヶ月後…
空海「三蔵殿、今日の法会でのお話、皆が感じ入っておりましたぞ、またお願いしてもよろしいかな?」
師父「勿論ですとも、空海様のお役に立てれば、これより嬉しいことは ございません。」
kako30

空海「三蔵殿…(涙)」
kako20

…三ヶ月後…
師父「タイムスリップしてから随分経つが一向に帰れる気配がないのう、太宗様に大乗仏教をお届けするという任務はいつになったら果たせるのじゃろう。」
kako22

悟空「全ては如来様のお心次第でさ、俺様なんて山に500年も閉じ込められやしたからね〜、ま、気長に待つしかありませんね。」
師父「……確かにお前の言う通りだの、この世界で修行に励むしかあるまいな。」
kako23

八戒「オイラはこの世界、と〜っても気に入ってますぜ、これまで食べたこともないような美味しい料理がたくさんありますからね〜v精進カレーに精進ケーキでしょvそれから精進グラタ…」
師父「全くお前は!…だがその逞しさだけは見習わねばならぬの。」
皆「ははははは!」
kako24

空海、チビ「……。」
kako25

「三蔵さま御一行の過去が今明かされる!」2

チビ「どちら様ですか?」
師父「わたくしは玄奘三蔵と申します。この者達は弟子の悟空、八戒、沙悟浄。こちらの寺に入門致したく参りました。」
チビ「私はこの寺で修行しているチビと申します、どうぞよろしく。」
kako4

チビ「どうぞこちらへ、住職のところへご案内します。」
師父「かたじけない。」
kako5

チビ「こちらでお待ちください。」
kako6

師父「大丈夫かの〜?」
悟空「師父〜、この悟空様がついてるんですぜ、心配いりませんよ。」
八戒「お斎は貰えるかな〜、おいらもう腹ペコだよ〜。」
師父「全くお前は!」
kako7

空海「どうぞお座りくだされ。拙僧はこの寺の住職で空海と申す、よろしゅうな。ところで玄奘三蔵様とおっしゃるそうだの、偉人と同姓同名の方が私の他にもおられたとはな、ホッホッホ!」
師父「はあ…。」
kako8

空海「これまでどちらで修行されていたのかな?」
師父「……(悟空〜!)」
悟空「師父はずっと中国の寺で修行されてたんですがね、ある時天啓を受けられやして(笑)日本での修行を決意されたってわけなんですよ。」
空海「それはご立派な、歓迎いたしますぞ、ここで心ゆくまで修行なさるとよろしい。」
師父「ありがとうございます、どうぞよろしくお願い致します。」
kako9

空海「そちらのお弟子さん方はなんとおっしゃるのかな、まさか本当に悟空さんや八戒さんではなかろうて、ホッホッ。」
悟空「私は孫、この豚が猪、でこれが沙です。自分達の名前が三弟子と同じなのですっかり西遊記のファンになりましてね、師父と出会った時はもう運命としか思えませんでしたよ。」
空海「そうでしたか、なんと楽しい方達じゃ、ではわしも悟空殿、八戒殿、沙悟浄殿とお呼びすることにいたそうかの、ホッホッ。長旅でお疲れじゃろう、チビ、お部屋へ案内して差し上げなさい。それとお斎の用意もな。」
kako10

…部屋…
悟空「やれやれ、何とか誤魔化せたな。」
八戒「お斎、美味しかったな〜v」
師父「……。」
沙悟浄「師父、元気出してください、何とかなりますよ。」
kako11

皆「zzz…」
師父「もう少しで如来様にお会いできたのに……なんか気に障る事でもしたのじゃろうか?…クスン。」
kako12

「三蔵さま御一行の過去が今明かされる!」1

師父「ここが天竺か……辛い旅もやっと終わったのじゃな(涙)」
過去5

師父「無事辿り着けたのもそなた達のお陰じゃ、礼を申すぞ!」
悟、ハ、沙「師父、何をなさるのです!どうぞ頭をお上げください!」
過去4

ゴロゴロ〜ピカッ☆←突然の嵐
皆「うわ〜〜っ!!」
kako1

師父「ここは?あそこを走っている鉄の塊は何じゃろう?」
悟空「俺様がちょっくら情報収集して来ますぜ!」
…1時間後…
悟空「どうもここは倭の国っぽいですぜ、それも唐の時代より1400年も後の。」
師父「……ではあれは書物で見た有名な富士山なのか?……悟空、どうしたら良いかのう?」
悟空「取り敢えずひと気の無い所に行って話し合いましょう!」
kako2

悟、ハ、沙「ゴニョゴニョ…。」
悟空「師父は玄奘三蔵と同姓同名の修行僧、俺達は西遊記ファンでコスプレ趣味(いつも猿と豚の着ぐるみを着てる)の弟子ってことにしましょう。元の世界に無事戻れるまで決して真実を明かしてはダメですぜ!いつまた師父の肉を狙う不届き者が現れるかしれませんからね!」
師父「わかった、お前達の言うとおりにするよ。」
沙悟浄「これからどうしましょう?」
師父「出家人なのだからそれに相応しい場所に行かねばの。」
悟空「そう仰るだろうと思ってちゃんと調べておきましたぜ。」
kako3

師父「おお、立派な寺があんなに!高野山というのか、悟空、ここが気に入ったぞ。」
悟空「じゃ早速評判の良い寺を訪ねてみましょう!」←なんだよそれ(笑)
過去7

悟空「こんにちは〜、どなたかいらっしゃいませんか〜!」
過去6

続く

これで雪が降っても大丈夫♪2

ウサ「アイちゃんにはマフラー&お帽子を〜、 あら、イケメ〜ンv」
bousi8

ウサ「紺のパジャマにもピッタリね♪」
bousi9

ウサ「皆さんとっても似合ってらっしゃるわ〜v」
関羽、黄忠、趙雲「ありがとうございます。」
関羽「ところでウサ殿、この黒い簾のような物は何かな?」
ウサ「毛糸で作ったズラで〜す♪」
bousi10

ウサ「後姿も素敵〜v」
bousi12

ウサ「耳掛けヘアーも萌えるです〜v」
関羽「……。」
bousi11

ウサ「ミカン籠も編み編み〜♪」
bousi13

ウサ「今晩のメニューは芽キャベツ&ベビーコーンの和風スープで〜す♪」
師父「ウサさん、遊んでないでさっさと料理してきたらどうじゃ。」
bousi14

これで雪が降っても大丈夫♪1

ウサ「師父、師父〜!おはようv」
師父「おはよう、何じゃ、また朝早くから。」
ウサ「フフ、ハイこれ!」
bousi1

師父「……最近大人しいと思ったらこんな物を作っておったのか、うん、なかなか良いではないか、皆にも見せねばの、ん、皆はどこじゃ?」
ウサ「まだ寝てるんじゃない、昨日遅くまでゲームしてたみたいだから。」
師父「全く、出家人ともあろう者が!どれ、私が起こして参ろう。」
bousi2

師父「皆、起きなさい、何時だと思っておる!ほれ、悟空、チビ、八戒!」
悟、チ、八「う〜ん。」
bousi3

師父「ウサさんが皆に良い物を作ってきてくれたぞ、見に来なさい。」
チビ「え、いいもの?わ〜、何だろ、皆、早く見に行こう!」
bousi4

bousi5

bousi6

八戒「あったかいな〜vこれでいつ雪が降っても大丈夫だぞ〜。」
悟空「お前達、今年も本気の雪合戦大会をやるからな〜!」
皆「おおーっ!!」
師父「……。」
bousi7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。