三蔵様と旅をする

華流ドラマ『three kingdoms』で趙雲を演じられたニエ・ユエンさんの澄んだ美しい瞳と素晴らしい演技力にすっかり魅せられたウサ蔵は、その後、最愛の三蔵様に巡りあい、原語DVD購入では飽き足らず、師父人形まで造ってしまったのでした(変態)。というわけで、天竺までの道のりを人形師父と共に再現するブログです。※当ブログは球体関節人形を扱っていますので、苦手な方はご注意ください。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 師父と遊ぼう(中雷音寺編)
CATEGORY ≫ 師父と遊ぼう(中雷音寺編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

女子会1

ウサ「フンフン〜♪」
皆「ウサさん、何縫ってるの?」
ウサ「エリーさんとスージーちゃんのお洋服〜♪今度一緒にお出掛けするんだ〜♪」
皆「ふ〜ん。」
女同士1



数日後〜
ウサ「ど〜お?」
エリー、スージー「ピッタリで〜す♪ウサさん、どうもありがとう!」
女同士6



ガラガラ…
エリー「いかが?」
スージー「どうですか?」
八戒「二人共とっても可愛いぞ〜v」
師父2号「エリー殿は似合っておるが、誰かさんは寸胴に見える。」
ウサ「師父2号!!」
スージー「……。」
女同士5



ウ、エ、ス「行ってきま〜す♪」
皆「いってらっしゃ〜い、お土産よろしく〜♪」
ウサ「オッケー!」
女同士4



ウサ「こちらはお友達のKさんよ♪」
エ、ス「初めまして、エリーで〜す、スージーだよ〜。今日はよろしくお願いします♪」
Kさん「こちらこそよろしくね♪」
女同士15



<Pさんと合流してメキシコ料理店へ>
ウサ「二人共辛いの大丈夫?」
エ、ス「無問題〜♪」
ウサ「じゃあ、これにしましょうか♪あ、せっかくだからお酒も注文する?」
エ、ウ「するする〜♪」

スージー「このカクテル美味しそうv」
エリー「テキーラも捨て難いわ〜v」
女同士14



スージー「いい匂い〜v」
エリー「体に優しそうなスープね♪」
女同士13



スージー「メイン料理がきたです〜♪」
エリー「ピリ辛肉とサフランライスの組み合わせ最高v」
女11



Kさん、Pさん「私達のも味見してみる〜?」
エ、ス「はい〜♪」
女同士12



ウサ「ラム・CCバード(ジンジャーラム+レモン+パイナップル)きた〜〜♪」」
女同士10



<ティータイム>
エリー「甘い物は別腹よね♪」
スージー「どれから食べるか迷うです…。」
女同士9



ドテッ!
エ、ウ「スージーちゃん!」
女同士8



エ、ウ「お顔が汚れちゃったわね。」
店員さん「これで綺麗に拭いてあげてください。」←実話(笑)
エ、ウ「ありがとうございます!」
エリー「ほら、スージーちゃん、こっち向いて。」
女同士7


ウサ「今日は楽しかったわ〜、Pさん、Kさん、またね〜♪」


ウ、エ、ス「ただいま〜!」
皆「おかえりなさ〜い!」
ウ「はい、お土産♪」
皆「わ〜い、チョコと甘納豆だ〜♪」
女同士3



チビ「今日は僕がコーヒー淹れますね♪」
エ、ウ「それは楽しみだわ〜v」
ワイワイ♪
スージー「このブローチ、ウサさんに買ってもらったね、似合うですか?」
師父2号「…ベルトよりはマシじゃな。」
スージー「やったです♪」
女同士2

続く

聖バレンタインデー

姫「喜んでくださるとよいが…。」
亀「大丈夫ですよ、姫の手作りチョコは天下一品だから。」
姫「お前はどんな物にしたのじゃ?」
亀「フフ、内緒♪…ちょっとだけヒント、沙悟浄さんを豊かにするもの〜♪」
姫「??」
バレンタインデー20




スージー「どんなチョコにしたですか?」
エリー「一番美味しいと感じたもの〜♪スージーちゃんは?」
スージー「三蔵が拒否できそうにないもの〜♪」
エリー「あ、亀さん達だ、行きましょ♪」
バレンタインデー19




ウサ「(いらっしゃ〜い。)
皆「(こんにちは〜。)」
バレンタインデー18




エリー「姫がトップバッターね♪その次が…」ワイワイ♪
バレンタインデー17




姫「師父、トリュフチョコレートを作ってみましたの、どうぞ召し上がれv」
師父「いつもすみません、おや、随分可愛い袋ですね。」
八戒「いやだな〜師父、今日はバレンタインデーですよ♪」
師父「ああ…姫、どうもありがとうございます。」
姫「(ちゃんと笑えたぞ、特訓のお陰じゃの♪)」
バレンタインデー16




スージー「三蔵、素敵なチョコ見つけたね、どうぞv」
師父2号「わしゃそんなの……」
バレンタインデー15




師父2号「ありがとう。」
スージー「(斜めを向いて首を傾げてニッコリ、完璧ね♪)」
バレンタインデー14




師父2号「…寝違えでもしたのか?」
スージー「……。」
バレンタインデー13




クルッ!
ウサ「師父、私は常に貴方のしもべですv」
バレンタインデー10




師父「ウサさん、いつも言っておるが、時間外は自由に過ごしていいんじゃぞ。」
ウサ「へ?」
バレンタインデー9




エリー「想像以上の鈍さ…これは作戦を変更する必要があるわね。」
バレンタインデー8




エリー「これ、私の一押しチョコで〜す、どうぞv」
師父「…どうもありがとうございます。」
バレンタインデー12




エリー「あ、バナナ味が特にオススメですよ〜♪(『会いたかった』のポーズ!)」
バレンタインデー5




エリー「次がイチゴ味かな〜♪(『カチューシャ』のポーズ!)」
師父「…エリー殿、それは何という体操ですかな。」
バレンタインデー4




エリー「違います〜、これA・K・Bのポーズ♪」
師父「AKB?」
エリー「師父、もしかしてAKB知らないの?」
師父「…もちろん存じておりますぞ。(A:阿字観(真言宗に伝わる瞑想法)がK:キツ過ぎてB:バテた、の略じゃな、おそらく。)」
バレンタインデー11




亀「沙悟浄殿の気苦労を少しでも軽減できますようにv」
沙悟浄「…どうもありがとうございます。」
悟空「何だろう?おい悟浄、開けてみろよ!」
ガサガサ…
バレンタインデー7




皆「……。」
沙悟浄「あの、亀さん、うちの寺は置かない方針でして…。」
亀「まあ、そうでしたの……では貯金箱としてお使いくださいな。お金を入れる度、いいことしてる感を味わえますわよ♪」
バレンタインデー6




姫、亀、エ、ス、ウ「そしてこれは皆さんに。私達全員で作りました〜♪」
八戒「わ〜、ちゃんと一人一人名前が入ってるぞ〜♪」
悟、ハ、キ、プ、チ「皆さん、どうもありがとう!」
バレンタインデー3




ウサ「では、合宿の成功を祝って、カンパ〜イ!」
皆「カンパ〜イ!」
亀「ねえ、来年もまたやりませんこと?」
皆「賛成〜!」
エリー「姫の手作りチョコ美味しいわ〜vまたよろしく♪」
姫「承知。」
スージー「ウサさん、コーヒーお代わりね。」
ワイワイ♪
バレンタインデー1

バレンタイン合宿2

〜当日の服装について〜
可愛いワンピとか…私達は着物が脱げんからのう…アクセサリーなどは…ワイワイ♪
バレンタイン合宿2の16




ウサ「エリーさんとスージーちゃんはワンピース、姫と亀さんはコサージュと髪飾り、私はエプロンということでよろしいでしょうか〜♪」
パチパチ…♪
バレンタイン合宿2の15




じゃあ、まずワンピについて…師父ってどんなファッションが好み…そういえば、この前AKBの歌を口ずさんで…2号は何でも師父の真似をしたがるから……アイドル路線に決定〜!
バレンタイン合宿2の14




ウサ「どれがいいかしらね〜♪」
エ、ス「あ、これ可愛い!」
バレンタイン合宿2の13




エ、ス「……。」
バレンタイン合宿2の12




ウサ「じゃあ、二人とも同じデザインにする?色を変えたら全然違う感じになると思うわよ♪」
エ、ス「そうします〜!」
バレンタイン合宿2の11




ウサ「えっと、冬物の生地は…これだ♪」
バレンタイン合宿2の10



ドサッ!
ウサ「さあ、この中から選んでちょうだい♪」
エ、ス「わ〜♪」
エリー「スージーちゃんからどうぞ。」
バレンタイン合宿2の9




スージー「…私グリーンにするね♪」
エリー「じゃあ私は…エンジのチェック♪」
バレンタイン合宿2の8




次はコサージュとエプロンについて…清楚な白に…妖艶な微笑みには真紅か紫が…バレンタインには聖がつくんじゃぞ…しょうがない、ギャップ萌えを……白に決定〜!
亀さん、髪飾りの方に紫の……イエス、イエース!!
バレンタイン合宿2の7




スージー「私、お洋服作るの初めてね♪」
エリー「裁断って緊張するわ〜。」
ウサ「フンフン〜♪」
バレンタイン合宿2の6




タカタカ…
シュ〜…
スージー「ボタン付けは私にまかせるね♪」
バレンタイン合宿2の5




姫「そっと、そーっとじゃぞ。」
亀「て、手が…。」
バレンタイン合宿2の4




皆「完成〜!!」
姫「どれも可愛く仕上がったのう♪」
ウサ「さ、次はチョコ作りよ〜!」
皆「オーッ!」
バレンタイン合宿2の3




亀「今年こそ沙悟浄殿のハートをガッツリ掴みますわよ〜!」
ウサ「どんな言葉が心に響くかしら。」
スージー「少し斜めを向いて首を傾げてニッコリ笑う…忘れないようにしなくちゃ。」
姫「仏様、わたくしに最強のレシピを!」
エリー「どんなポーズが効果的かしらね〜。」
バレンタイン合宿2の2




ウサ「皆〜、当日は午後2時に集合よ!」
皆「了解!」
バレンタイン合宿2の1


バレンタイン合宿1

ウサ「いらっしゃ〜い♪」
姫、亀、エリー、スージー「お邪魔しま〜す♪」
バレンタイン合宿14



皆「皆さんこんにちは〜。」
師父2号「今日はお揃いで何の用かの?」
皆「内緒〜♪」
師父2号「……。」
バレンタイン合宿13



八戒「スージーちゃん、後でゲームして遊ぼうよ♪」
スージー「今日は忙しいから無理思うね。」
八戒「え〜!」
バレンタイン合宿12



皆「師父、沙悟浄さん、こんにちは〜♪」
師父「やあ、いらっしゃい。あ、エリー殿、先日はiPadをありがとうございました。」
エリー「どういたしまして。」
バレンタイン合宿9



亀「沙悟浄殿、何をしてらっしゃるの?」
沙悟浄「家計簿付けです。」
亀「まあ、そんなことまで…。」
沙悟浄「赤字を出しては大変ですからね。」
亀「……。」
バレンタイン合宿10



<作戦会議>
〜皆へのチョコについて〜
エリー「せっかくだから一緒に作りましょうよ♪」
皆「そうね♪」
ウサ「どんなのがいいかしら〜?」
姫「ハート型のチョコに………というのはどうじゃ?」
皆「それいい!」
バレンタイン合宿8



ウサ「じゃあ、後で買い出しに行きましょ♪」
皆「オッケー!」
バレンタイン合宿7



〜本命チョコの渡し方について〜
エリー「セクシー悩殺ポーズで攻めるってのはどう♪」
ウサ「え〜、清らかな師父にはやっぱ可愛〜い仕草っしょ♪」
エリー「そんなんじゃ人一倍ニブチンの師父には伝わらないって〜。」
ウサ「そっかな〜。」
亀「フフ、わたくし、ただいま妖艶な微笑み方を研究中ですのよ♪」
ワイワイ♪
バレンタイン合宿5



ウサ「ん?姫とスージーちゃん、どうかしたの?」
バレンタイン合宿4



スージー「私、どれも出来そうにないね…。」
姫「わたくしも…。」
バレンタイン合宿3



首を傾げてニッコリ…もう少し斜めを向いた方が…うん、なかなかいい感じ…ワイワイ♪
バレンタイン合宿2



亀「ねえ、わたくし達も練習しませんこと♪」
エ、ウ「そうね♪」
バレンタイン合宿17



エリー「こうかな、いや、こっちのほうがいいかも♪」
ウサ「可愛く一回転するってのはどうかしら〜♪」
亀「チーズ♪…チーズ♪…チーズ♪……」
バレンタイン合宿20



エ、ス、ウ「ちょっと休憩〜!」
亀「まあ貴女方、お行儀が悪いですわよ。レディーたるもの、常に優雅に美…美…う…」
皆「……。」
バレンタイン合宿19



姫「不自然な作り笑いを連発したせいじゃな。亀、しばらく顔面筋さんを休ませてあげた方が良いと思うぞ。」
エ、ス、ウ「キャハハハ♪」
バレンタイン合宿18

続く

チビちゃん、ごめんね

タカタカ…
ウサ「フンフン〜♪」
八戒「ウサさん、何縫ってるの?」
ウサ「チビちゃんの冬用の着物〜♪」
悟空「今頃ですかい。」
チビ「でも、僕嬉しいです〜♪」
チビちゃんゴメンね13



悟空「ところでウサさん、緑色の服に着替えたんですね。」
ウサ「そうなの〜、ピンクは危険だから冬場はこれで行くことにしたわ。」
皆「??」
チビちゃんゴメンね12



翌日〜
ウサ「はいチビちゃん、師父とお揃のエンジの着物♪遅くなってゴメンね〜。」
チビ「やった〜♪ウサさん、どうもありがとう!」
ウサ「ついでに師父2号の分も作っておいたわよ。」
師父2号「ついで…まあよいか。」
チビちゃんゴメンね11



ウサ「折角だから写真撮影しましょうか♪」
チビ「はい〜♪」
チビちゃんゴメンね10



ウサ「二人共よく似合ってるわ〜♪」
チビ「ホントですか〜、テヘ♪」
パシャ☆
チビちゃんゴメンね9



ウサ「袈裟とお数珠もありますよ〜♪」
チビ「わあ、2号さんとお揃いだ♪」
チビちゃんゴメンね8



ウサ「キリッとした表情して〜♪」
師父2号「……(言われんでも、チビもワシもいつもそうじゃ。)」
パシャ☆
チビちゃんゴメンね7



ウサ「次は君達の番よ♪」
皆「え?」
チビちゃんゴメンね6



ウサ「フッフッフ〜、ジャ〜ン!」
プー「ムホッ♪」
チビちゃんゴメンね5



ウサ「みんな可愛い〜v」
師父2号「ボンボンも良いのう。」
パシャ☆
チビちゃんゴメンね16



ウサ「キマってる〜v」
師父2号「八戒のヤツ、意外とピンクが似合っておるではないか。」
パシャ☆
チビちゃんゴメンね15



ウサ「じゃ師父を呼んでくるわね〜♪」
チビちゃんゴメンね3



ウサ「最強の禅マスター・トリオ!素敵〜v」
チビちゃんゴメンね2



ウサ「では全員で〜、はい、チーズ!」
パシャ☆
チビちゃんゴメンね1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。