三蔵様と旅をする

華流ドラマ『three kingdoms』で趙雲を演じられたニエ・ユエンさんの澄んだ美しい瞳と素晴らしい演技力にすっかり魅せられたウサ蔵は、その後、最愛の三蔵様に巡りあい、原語DVD購入では飽き足らず、師父人形まで造ってしまったのでした(変態)。というわけで、天竺までの道のりを人形師父と共に再現するブログです。※当ブログは球体関節人形を扱っていますので、苦手な方はご注意ください。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 亀さん、寺へ行く 2TOP師父と遊ぼう(中雷音寺編) ≫ 亀さん、寺へ行く 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

亀さん、寺へ行く 2

沙悟浄「姫、お帰りですか?」
姫「はい、沙悟浄殿はどちらかお出かけだったのですか?」
沙悟浄「はい、ちょっと所用で隣町まで。」
亀寺14


亀「あの、お寺の方ですか?初めまして、わたくし亀と申します、どうぞよろしく。」
沙悟浄「あの、この前お会いしましたが…。」
亀「?」
姫「ハロウィンの日に会うたであろう、マントを羽織っておられたから、お顔が見えなかったのじゃな。」
亀「あ、それは失礼いたしました。」
沙悟浄「いえ、お気になさらず、では。」
亀寺13


姫「どうしたのじゃ?ボーッとして。」
亀「…わたくし一目惚れしたかも。」
姫「え…。」
亀寺12


姫「亀が沙悟浄殿にのう…フフフ」
亀「姫、何が可笑しいので?」
姫「私以上に前途多難な恋じゃと思うての。」
亀「どういう意味で?私じゃ沙悟浄殿とは釣り合わぬと?」
姫「そうではない、沙悟浄殿は三蔵様より堅物だと聞いておるのでな。」
亀「え…あの唐変木よりもですって?」
姫「女嫌いだという噂もあるぞ。」
亀寺13


亀「……それが本当だとしても、わたくし諦めませんわよ、真心を尽くせば気持ちはきっと伝わるはず、女は根性ですわよ、根性!」
亀寺12


悟空「沙悟浄、どうした?」
沙悟浄「さっきから寒気が…。」
師父「風邪の引き始めかもしれぬの、今夜は温かくして早めに休んむことじゃな。」
亀寺11
スポンサーサイト

Comment

あらま~
編集
亀さんのお好みが沙悟浄とは! いろんな好みの人がいるから世の中成り立っているんですよね。沙悟浄が堅物に思えないので、心配しちゃう(笑)
2013年11月15日(Fri) 21:24
Re: あらま~
編集
プライさんへ

> 亀さんのお好みが沙悟浄とは! いろんな好みの人がいるから世の中成り立っているんですよね。
そうそう!D・F=Dさんが好きな人もいれば我々みたいなH・P好きもいます(笑)ホント人の好みって面白いですよね。

>沙悟浄が堅物に思えないので、心配しちゃう(笑)
沙悟浄人形、温和そうですもんね。
ドラマの沙悟浄さんは、ちょっとした失言(次の町には美人が…みたいなw)を仲間にからかわれただけで自害しようとするくらいの堅物なんです(笑)
三蔵様は沙悟浄さんが「違います!八戒の代わりに言ったんですよ〜」て訴えてるのに笑って見てるだけなんですよ〜(ドSめ!)
ということで、心配はいらないかと(笑)

2013年11月16日(Sat) 15:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。