三蔵様と旅をする

華流ドラマ『three kingdoms』で趙雲を演じられたニエ・ユエンさんの澄んだ美しい瞳と素晴らしい演技力にすっかり魅せられたウサ蔵は、その後、最愛の三蔵様に巡りあい、原語DVD購入では飽き足らず、師父人形まで造ってしまったのでした(変態)。というわけで、天竺までの道のりを人形師父と共に再現するブログです。※当ブログは球体関節人形を扱っていますので、苦手な方はご注意ください。
2013年08月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年09月
TOPスポンサー広告 ≫ フランダースの賢人sTOP師父と遊ぼう(中雷音寺編) ≫ フランダースの賢人s

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

フランダースの賢人s

ウサ「超ラブリ〜v」
フランダース41



荘子「三人お揃じゃの。」
師父2号「ピカピカトリオじゃ♪」
恵施「あったかいな。ウサさんどうもありがとう!」
フランダース40



ウサ「その配色、よく似合ってるわ〜v今度アリス役演る〜?」
師父2号「わしゃオナゴの役は二度とやらんぞ!」
フランダース42



ウサ「師父、私が駆け寄ってきたら○○○って言ってね♪」
師父「何じゃそれは?」
ウサ「とにかくそう言ってくれればいいの。」
師父「…(旅行前日まで編んでおったようじゃしな、仕方ない、付き合ってやるか。)」
ウサ「待たせてゴメ〜ン!二時間も経ってるからもう帰っちゃったかと思った〜!」
師父「……まさか。」
フランダース38



<ステーン城、国立海洋博物館>
ウサ「今日は休館日なんだって〜。しょうがないから外の写真だけも撮っていきましょう。」
フランダース43



古城は趣が…城の裏を流れる川…
恵施「古城は…」
荘子「古城は城に非ず、とか申すでないぞ。」
恵施「そ、そんなこと言わん!」
師父「有名な″白馬非馬″ですね。」
ウサ「なんのこっちゃ〜!」
フランダース39



<世界遺産 プランタン・モレトゥスの家屋、工房、博物館>
ウサ「世界最古の印刷機だって〜。」
師父「ほう。」
フランダース37



ウサ「あのオヤカンみたいな物は何に使うのかしら?」
フランダース35



荘子「ハンコを、」
フランダース33



荘子「並べて、」
フランダース32



荘子「印刷機にせっとするのじゃな。恵施、お主の膨大過ぎる竹簡も小さく纏めてもろたらどうじゃ。」
恵施「荘周!」
フランダース34



皆「中庭で一休み〜。」
フランダース30



ウサ「なんて緻密な作業!」
フランダース22



荘子「ワシにはでかすぎる。」
フランダース23



師父2号「ウサさん、楽譜があるぞ!」
ウサ「ほんとだ〜。」
フランダース27



ウサ「ルーベンスも出入りしてたのか〜。」
フランダース31



恵施「美しい部屋だな〜!」
ウサ「ここで白雪姫とかやったら楽しそうよね♪」
皆「……。」
フランダース29



ウサ「あんなピアノがあったらいつでも師父とデュエットが出来るのにな〜。」
師父「……。」
フランダース26



師父2号「物欲しそうな目で見るのはやめんか!」
ウサ「へへ…。」
フランダース25



デコポン「まるでこの部屋の主人のようですよ。」
師父「ありがとうございます。」
フランダース28



ウサ「師父の胸像もかざりたいわ〜v」
皆「……。」
フランダース21

続く
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。