三蔵様と旅をする

華流ドラマ『three kingdoms』で趙雲を演じられたニエ・ユエンさんの澄んだ美しい瞳と素晴らしい演技力にすっかり魅せられたウサ蔵は、その後、最愛の三蔵様に巡りあい、原語DVD購入では飽き足らず、師父人形まで造ってしまったのでした(変態)。というわけで、天竺までの道のりを人形師父と共に再現するブログです。※当ブログは球体関節人形を扱っていますので、苦手な方はご注意ください。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPドラマ『西遊記』の再現 ≫ 再現『師父御一行、綺麗なお姉様方に誘惑される 1』

再現『師父御一行、綺麗なお姉様方に誘惑される 1』

ウサ蔵「今回はセリフ形式にしてみました〜♪」
師父「おお、それは楽しみじゃな♪」
悟空「また俺達だけですかい。」
ウサ「後半は皆を呼ぶから。」

三蔵「…第二に努力…第三に忍耐…クドクド」
八戒「……。」
悟空「よいっと!」
観音23

観音70
悟空「すごい手抜きw」

三蔵「弟子達や、立派なお屋敷があるぞ。あそこで今夜の宿を借りられそうじゃな。」
観音83

観音69
悟空「お、ここは中々いい感じ。」

女「資産は沢山あっても後継がね〜。ちょうど人数も合うし、あなた達、入り婿にどう?」
八戒「え、てことは娘さんが4人?」
女「私も入れてですよ。早速むすめ達を紹介しますわね♪」
観音87

観音74
悟空「ブッ!」

女「長女の真真、今年二十歳になります。」
観音1

観音79
悟空「ついにエリーさん登場ですかwん?違う?」
ウサ「さすが悟空ちゃん、よくわかったわね。この子は新しくお迎えしたエミーちゃんよ♪」

女「次女の愛愛、18才。」
観音2

観音80
師、悟「……。」

女「三女の憐憐、16才ですの。」
観音6

観音77
悟空「こっちが関節を手に入れて演技力がアップしたエリーさんですねw」

愛愛「かぶりつきたくなるくらい可愛いオ・ツ・ムv」
三蔵「……。」
観音93

観音73
師父「勝手にセリフを変えおって!」

愛愛「渋くて素敵な方〜v」
沙悟浄「……。」
観音90

観音78
悟空「スージーさん大活躍w」

真真「毛並みが見事ですわね〜v」
悟空「ちょっ、離れてくだせぇ。」
観音9

観音75
悟空「怖すぎて身動きが取れなかった俺様w」

憐憐「イヤ〜ン、プリップリのお・は・な!コラーゲンかしらv」
八戒「もう、憐憐たら〜♪オイラ、食糧じゃないって〜の。」
観音92

観音76
悟空「1000才の間違いじゃw」

女「どの子も別嬪でしょう?亡夫は男の子がいなかったので、かわりに娘達に四書五経を読ませたり詩を作らせたりしましたの。お坊さん達にはピッタリだと思いますわ。この家にとどまって錦の着物を身につける方が、粗末な衣服で托鉢して回るよりよっぽどマシじゃございませんこと?」
観音84

三蔵「こんな詩があります。出家して志を立つるは常ならず……なまぐさを貪る在家が老後には、くさき皮袋に墜落するより強る」
女「この常識知らずの坊さんったら、無礼にもほどがあるわ!ひとが誠心誠意、うちの財産を投げ出して、あんた達を婿に迎えようてえのに、あんたときたらひどい言葉で人を傷つけるんだね!」
観音85

観音72
師父「妙に歪んだ提灯じゃのう。」
悟空「ずいぶん簡素な広間ですね〜。」
ムッカ〜ッ!

女「さっさと出てお行き!」
観音26

観音68
ウサ蔵「うちの師父はションボリ顏が一番可愛いのよねv」
師父「……。」

八戒「お師匠様ったら、世俗のことはまるっきりだめですねえ。曖昧に答えておけば、お斎ぐらいは出してもらえて、今夜ひと晩、楽しく過ごせたのに〜。」
三蔵「……。」
八戒「オイラ、馬に草を食べさせてきますね。」
観音32

観音74
ウサ蔵「怒り顏萌え〜v」
師父、悟空「……。」

八戒「おっかさんはオイラのこと、お嫌いでしょ?」
女「嫌いってわけではないわ。うちには家長がいないんで、婿さんを一人迎えれば、それはそれでいいのよ。でもねえ、うちの娘達は、いくらか面食いだからねえ。」
八戒「オイラの師匠のあの唐僧なんか、そりゃハンサムですがね、まるきりお役には立ちませんぜ。そこいくと、オイラなんか……。」
女「家のことがそんなにできるんなら、婿さんに迎えてあげてもいいわよ。」
観音33

観音67

続く

以下、拍手コメントへのお返事です。

Nさんへ

コメントありがとうございます!こんなおバカシリーズをご支持頂けるなんて、嬉し過ぎます♪

これからは定期的にあげられるよう努力します(笑)

配置もポーズもメチャクチャですね〜^^;ま、雰囲気が出てればいっか(笑)
デコボコ集団の珍画像、お楽しみ頂けたら幸いです。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL