三蔵様と旅をする

華流ドラマ『three kingdoms』で趙雲を演じられたニエ・ユエンさんの澄んだ美しい瞳と素晴らしい演技力にすっかり魅せられたウサ蔵は、その後、最愛の三蔵様に巡りあい、原語DVD購入では飽き足らず、師父人形まで造ってしまったのでした(変態)。というわけで、天竺までの道のりを人形師父と共に再現するブログです。※当ブログは球体関節人形を扱っていますので、苦手な方はご注意ください。
2015年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年12月
ARCHIVE ≫ 2015年12月
      

≪ 前月 |  2015年12月  | 翌月 ≫

クリスマスの朝☆

..zzzZZ
クリスマス1517




悟空「起床〜!起床〜!皆さ〜ん、プレゼントを開ける時間ですよ!」
クリスマス1516




うんしょ! うんしょ!
荘子「何じゃろうのう?」
恵施「さあ〜、ヒトデの縫いぐるみとか?」
クリスマス1515




ボヨヨ〜ン!
皆「わあ、フワフワのクリスマスツリーだ!師父、どうもありがとう!」
師父「どういたしまして。」
八戒「師父、飾りは?」
師父「ウサさんに頼んでおったのじゃが…」
クリスマス1514




ガラガラ…
ウサ「ちゃんと用意してありますよ〜♪」
皆「わ〜い♪」
クリスマス1512




パカッ!
皆「?」
クリスマス1511




ペタ、ペタ、ペタ…
ウサ「ワハハハ!ウサ奥義″人間飾り″なのだ〜♪」
皆「……。」
クリスマス1510




ウサ「皆とっても素敵よ〜v」
チビ「照れるな〜。」
プー「ムホ♪」
八戒「ここ、安定感があって最高〜♪」
クリスマス159




ウサ「やっぱ☆の役は悟空ちゃんよね。」
悟空「当然♪あ、ウサさん、俺様のサンタ服、来年までには探しといてくださいね、約束ですぜ。」
ウサ「任せてください〜。」
師父2号「ウサさん、ワシの抱っこちゃんポーズ、キマっとるじゃろ♪」
恵施「私の足の絡め具合も見てください♪」
クリスマス158




ウサ「荘先生ナマケモノみたいで可愛い〜v」
荘子「……。」
クリスマス157




皆「師父も開けてみて〜!」
クリスマス156




師父「…お前達、また」
八戒「エリーさん、最近コンデジ買ったんだって〜。」
師父「……。」
クリスマスの朝155




カサカサ
師父「可愛いサンタさんじゃのv皆どうもありがとう。」
皆「どういたしまして〜。」
八戒「それ、手と足のとこにマグネットが入ってるんだよ〜、リサイクルショップで見つけたんだ〜。」
師父「そうか、じゃあ後で冷蔵庫にくっつけてみよう♪」
クリスマスの朝154




ズルズル…
皆「師父、これにどうぞ〜♪」
師父「お前達が作ったのか?」
皆「そうで〜す!」
クリスマスの朝153




ペタッ!
皆「わ〜、可愛い〜v」
ウサ「(そうだ!)」
クリスマス1521




ウサ「よっこらしょっと、師父も一緒にやってみたら〜♪」
師父「?」
クリスマス1520




師父、もう少し右手をあげた方が…師父〜、緊張感が全然伝わってきませんぜ…ワイワイ♪
クリスマスの朝152



ウサ「皆もやってみる〜?」
皆「オーッ!」



垂直登り〜♪イモムシ登り〜♪逆さ登り〜♪イナバウアー登り〜♪背面登り〜♪ムホッ♪私は正統派の登り方で♪
クリスマス1519




師父「皆さん、用意はいいですか?」
皆「は〜い!」
クリスマス1518




ジジジ………パシャ☆
クリスマスの朝151


以下、拍手コメントへのお返事です。
スポンサーサイト

クリスマス☆イヴ

<クリスマス一週間前>
ピコピコ♪
チビ「もうすぐクリスマスですね、師父へのプレゼント何にしましょう?」
悟空「そうだな〜、般若心経の暗記は去年やったし、お手伝い券は一昨年あげたし、タダのやつなんて、もう思いつかないよな〜。」
クリスマスイヴ1514





師父2号「皆が選んでくれる物ならワシは何でも嬉しいぞ。」
八戒「偽物さんに言われてもな〜。」
師父2号「だから本物の三蔵じゃと何度…ま、いいか。」
悟空「クク…」
クリスマスイヴ1511





トゥルルル…
沙悟浄「もしもし、こちら沙悟浄……そうですか、ではお言葉に甘えて。いつもありがとうございます、では。」
悟空「今年もスペシャルプレゼントがきますぜ♪」
クリスマスイヴ159





ウサ「師父、何してるの〜?」
師父「そろそろプレゼントを作ろうと思うての。」
クリスマスイヴ1510





師父「お、これは簡単そうじゃ♪」
ウサ「どれどれ〜?わあ、可愛いvうん、コレいいかも〜♪」
クリスマスイヴ157





<クリスマス・イヴ>
皆「いらっしゃ〜い♪」
恵施「今日はお招きありがとうございます!」
ウサ「関羽さん、お布団重かったでしょ、ごめんなさいね〜。」
関羽「これ位お安い御用ですぞ。」
クリスマスイヴ1513





ウサ「村の子供達へのプレゼント配り、今年は荘先生達にも参加してもらおうと思って〜♪」
恵施「サンタさんとトナカイさんの衣装か、よし、荘周、どちらにするかジャンケンで決めよう!」
クリスマスイヴ1512





ジャンケンポン!
クリスマスイヴ158





皆「ヒャッホ〜イ♪」
荘子「重いのう…。」
師父「荘先生、大丈夫ですか?」
クリスマスイヴ156





恵施「乗り心地のいいソリだな〜♪」
荘子「さすが位人臣を極めた宰相殿じゃのう、人の上に立つのがお上手じゃ。」
恵施「ジャンケンに勝っただけだろ、大げさな奴だな。」
皆「ププッ!」
クリスマスイヴ155





恵施「おい荘周、ちゃんと最後まで引くんだぞ。」
荘子「わかっておるわ。」
師父2号「デススパイラル〜♪」
八戒「角度が全然足りないぞ〜。」
悟空「さあ、そろそろ出発しますぜ!」
皆「オーッ!」
クリスマスイヴ154





ウサ「お待たせ〜、バナナケーキですよ〜♪」
悟空「またですかい。」
ウサ「はは、来年は違うの作るから〜。」
クリスマスイヴ153





皆「メリー・クリスマス!」
クリスマスイヴ1515





師父「皆さん、後でアレやりませんか♪」←大貧民ゲーム
黄忠「いいですな〜、趙雲殿、今日は負けませんぞ。」
クリスマスイヴ152





師父2号「プー殿、オニギリはいらぬか?」
プー「ムホ♪」
悟空、八戒「ささ、もひとつ♪」
荘子「かたじけない、ヒック!」
恵「おい荘周、飲み過ぎるんじゃないぞ!」
ワイワイ♪
クリスマスイヴ15の1

『ドールフェスティバル in 福岡』に行って来ました〜♪

<福岡国際センター>
福岡6
師父2号「広い会場じゃのう!」
ウサ蔵「ハンドメイド&こだわり品フェアも同時に開催されてるんだって♪」
スージー「ウサさん、後でそっちも見に行くね♪」
ウサ蔵「オッケー!」




[お友達のSさんの作品]ブログはコチラ
福岡17
ウサ蔵「赤ちゃんビスクドールって初めて見るわ〜v」
師父2号「どの子も愛らしいのうv」
スージー「後ろの文化人形さん達もとっても可愛いねv」
ウサ蔵「二号ちゃん、こっち向いて〜♪…お洋服の方がこの場にマッチするかも。」
師父2号「そうか、じゃあ着替えるとするか。」




福岡18
師父2号「どうじゃ?」
ウサ蔵「いい感じ、じゃあいくわよ〜、ハイ・チーズ!」パシャ☆




[小森まり子さん作]
福岡11
ウサ蔵「美しい陶器人形〜v」
スージー「華麗なドレス見てたら踊りたくなったねv」
やる〜?はいです〜!クルクル〜♪クルクル〜♪
師父2号「……。」




[あだち杏さん作]サイトはコチラ
福岡16
スージー「まるで絵から抜け出してきたみたいよv」
ウサ蔵「シックなドレスがよく似合ってるわよね〜v」




[及川みゆきさん作]
福岡8
師父2号「こちらのお嬢さん方も魅力的じゃぞv」
スージー、ウサ蔵「ホントだ〜!」
ウサ蔵「どの子も個性的でいいわね〜v一番右側の子、メッチャ頭良さそう!」




[くつみ照子さん作]
福岡15
ウサ蔵「艶やかな和服美人〜v素敵〜v」
スージー「私もこういうの着てみたいねv」
師父2号「体型だけは合いそうじゃの。」
ピキッ!




福岡12
ウサ蔵「素朴で温かみのある素敵な作品ね〜v」
師父2号「意志の強そうなお顔をしておられるのv」
スージー「この子運動神経バツグンだと思うね、誰かさんと違って。」
ピキッ!




[gravis5さん作]ブログはコチラ
福岡10
師父2号「ご店主殿、すまぬがキツネうどんを…つ、作り物!?」




福岡9
ウサ蔵「二階建てドールハウス、いいな〜v」
スージー「見てウサさん、このデニッシュすごいよ、具の見え方が完璧ね!」




福岡7
スージー「居心地のいいお部屋〜v」
ウサ蔵「2号ちゃん、隣に座ったら?一緒に写真撮ってあげる♪」
師父2号「オナゴと写るなぞ真っ平じゃ!」
スージー、ウサ蔵「……。」




<アジア美術館ミュージアムショップ ロンホァ>
福岡19




福岡20
ウサ蔵「これ全部Eさん(編み物達人の親友)の作品なのよ〜。」
スージー「どれもとっても素敵です〜v」
師父2号「E殿、また腕を上げられたようじゃの。」
Eさん「二人共ありがと。」




<博多駅>
福岡5
師父2号「ピカピカしておるv」
ウサ蔵「ホントね〜、とっても綺麗v」
スージー「三蔵、今年はサンタさんに何をお願いするのか?」
そうじゃな……私は……ワイワイ♪




<帰りの飛行機の中>
福岡4
ウサ蔵「素敵なセットが買えたわね〜♪」
師父2号「皆で撮影するのが楽しみじゃの♪」




福岡21
ウサ蔵「このレースワンピ、女の子全員で着れるわね♪」
スージー「早く春にならないかな〜♪」




福岡3
スージー「このアンティーク調ドレスは誰のね?」
ウサ蔵「ナ・イ・ショ♪グフ、これにピッタリなヘッドドレスを作って〜♪栗色の巻き毛を垂らして〜♪…ブツブツ」
師父2号、スージー「?」

アイドール45に行こう♪3

恵美「なんかここ落ち着くわよね。」
エリー「ホント〜。」
イドル23




こまちちゃん「一緒に読みましょ♪」
スージー「ありがとね♪」
イドル24




リコさん「あり得ない体勢…。」
師父2号「ですな、ちょっと声を掛けてみましょう。」
イドル15




師父2号「もし、大丈夫かの?」
ウッディさん「……。」
師父2号「気を失っておられるようじゃ。」
イドル25




こまちちゃん「ゆるふわロングヘアー、いいな〜v」
エリー「ほおずきちゃんのショートカットもとっても可愛いわよ。」
ほおずきちゃん「ホントですか〜♪」
イドル14




ウサ蔵「冴さん、今日も全身キマッテますね!」
冴さん「ふふ、ありがと♪」
イドル9




ウサ蔵「アスナさん、ピンクの髪と赤チェックのジャンパースカートがすっごくマッチしてるわね、素敵〜v」
アスナさん「ありがとう、この服ママの手作りなんだ〜♪」
イドル17




チビ「まこちー殿、危ないから降りてらっしゃい。」
マコちーちゃん「このくらいヘッチャラです〜。チビさんも登ってみる?眺め最高よ。」
チビ「ぼ、僕は遠慮しておきます。」
イドル33




スルスル…ストン!
まこちーちゃん「トーッ!」
女性陣「おお、カッコイイ〜!」
スージー「まこちーさん、今度お手合わせお願いしたいね。」
まこちーちゃん「望むところです。」
師父2号、チビ「……。」
イドル34




師父2号「…復活されたようじゃの。」
チビ「…そのようですね。」
イドル16



皆「主催してくださった皆様、お相手してくださった皆様、どうもありがとうございました〜!お陰でとても楽しい時間を過ごすことができました。また是非参加させてくださいね〜。」



<帰宅後>
エリー、恵美、スージー「今回はTシャツとエプロンだけか〜。」
ウサ蔵「そのうちピッタリなのが見つかるわよ。布地を買ってきたから代わりに何か作りましょうね。」
エリー、恵美、スージー「やった〜!」
イドル22




チビ「二人共よくお似合いですよ!」
ウサ蔵「そのエプロン、二人で仲良く使ってね。」
エリー、恵美「オッケー♪」
イドル21




ウサ蔵「うお〜〜、念願が叶った〜〜!!!」
師父2号「(また誘惑に負けてしもうた……。)」
イドル5




ウサ蔵「か、可愛すぎる(≧∇≦)」
師父2号「ラジオ体操の報酬もまだじゃからな!」
イドル4




ウサ蔵「斜め掛けバッグも用意しなきゃ〜♪───O(≧∇≦)O────♪」
師父2号「このポーズで最後じゃぞ!」
イドル3




荘子「のーぱんは久し振りじゃのう。スースーして快適じゃわい。」
皆「(荘先生似合いすぎ…。)」
イドル2




荘子「ほれ、美脚。」
皆「……。」
恵施「おい荘周、馬鹿なこと言ってないで服をたため!」
荘子「相変わらず糞真面目な奴じゃのう。」
イドル1

アイドール45に行こう♪2

<皆でお買い物♪>

[MADDYさん]ブログはコチラ
イドル32
スージー「わ〜可愛いvお伽の国のお姫様みたいね!」
恵美「ちょっと困り顔なネコちゃん?もとってもチャーミングだわv」
エリー「ここだけ違う時間が流れてる感じよね、素敵〜v」




[アリス ファニチュアさん]
イドル30
ウサ蔵「うお〜、ゴージャス!!」




イドル20
師父2号「ピカピカしておるのv」
エリー「ホント〜、座り心地も良さそうよねvいいな、こういうの欲しいなv」
チビ「今みんなでエリーさん用のソファーを作ってるんですよ、こんなに豪華ではありませんけど。」
エリー「それは楽しみだわ♪」




[U to Paさん]ブログはコチラ
イドル31
恵美「お洒落なベストスーツ〜v」
ウサ蔵「(こういうの二号ちゃんに着せたら可愛いだろうな〜v)」
スージー「(ウサさん、ほらあそこ!)」
ウサ蔵「…2号ちゃん、ちょっとここで待っててね♪」
師父2号「?」




<有料卓へ♪>

イドル29
小梅ちゃん、ゆりなちゃん「いらっしゃ〜い♪」
師父2号「ご婦人方、お出迎えありがとうございます。拙僧は玄奘三蔵と申します、以後お見知り置きを。」
チビ「僕は高野君太郎(たかのきみたろう)です、どうぞよろしく。」




イドル18
ミズキさん「このお菓子、自由に食べていいんですって。」
皆「わあ♪」




イドル19
ウサ蔵「写しますよ〜」パシャ☆


ネコちゃん「ご、ご主人、何を!?」
パコッ!パコッ!
ミュエルちゃん「や、やめてください、髪は女の命なんですよ!」


イドル6
ネコちゃん「……。」
ミュエルちゃん「ふ〜っ、危うく私まで坊主頭にされるとこだったわ。」
ウサ蔵「…ではいきますよ〜、ハイ・チーズ!」
パシャ☆




イドル27
ウサ蔵「こちらは小涼ちゃんと小澄ちゃんよ。」
スージー「初めまして、私スージーいうね、どうぞよろしく。」
小涼ちゃん、小澄ちゃん「こちらこそよろしく〜。」




イドル26
ウサ蔵「二人とも鼻の下が伸びてるぞ〜。」
師父2号「わしらは出家人じゃぞ、そんなことあるわけなかろう!」




イドル10
エリー「たま子さん、ナイスバディね、羨ましいわ〜v」
恵美「それにとってもお綺麗〜v」
たまこさん「ありがとう♪」




イドル13
女性陣「たまこさん……。」




イドル12
女性陣「眞子さん、こんにちは〜♪一緒に写真撮らせてもらってもいいですか?」
眞子さん「勿論よ。」




イドル11
眞子さん「ウサさん、今日は荘子さん来てないの?」
ウサ蔵「今回はお留守番なのよ〜。」
眞子さん「残念〜、」




イドル8
眞子さん「″無為自然〜″のポーズ、一緒にやろう思ってたのに。」
皆「……。」


続く

アイドール45に行こう♪1

タカタカ…チクチク…塗り塗り…
エリー「紺のクッションと白のカーテンレールってことは…白基調のお部屋かしら?」
皆「内緒で〜す♪」
エリー「え〜っ。」
アイドール準備16




スージー「あさっては待ちに待ったアイドールね♪」
エリー「楽しみ〜、素敵なお洋服が見つかるといいな〜♪」
ウサ蔵「今回は恵美さんも一緒に行きましょうね♪」
恵美「…私行けないかも。」
皆「え〜っ、なんで〜!?」
恵美「冬服がないから。私寒いの超〜苦手なのよね。」
ウサ蔵「あ…」
アイドール準備15




ウサ蔵「どんなデザインにする?」
恵美「お任せするわ♪あ、ウサさん、ゴニョゴニョ…」
ウサ蔵「オッケー♪」
アイドール準備14




〜翌日〜
ウサ蔵「はい、どうぞ。」
エリー、スージー「え、私達にも?」
ウサ蔵「フフ、恵美さんのリクエストなのよ〜。」
アイドール準備13




エリー、スージー「!?」
恵美「べ、別にあなた達とお揃いを着たいわけじゃないですからね、ハブられてるって思われるのが嫌なだけ〜。」
師父2号「プッ!」
チビ「(ああいうのをツンデレっていうんですよね。)」
恵美「チビ様、何か仰った?」
チビ「何も。」
アイドール準備12




エリー「どうかしら〜?」
スージー「シックでとっても素敵ねv」
恵美「まあいいんじゃな〜い。」
アイドール準備11




師父2号「落ち着いた大人の女性という感じじゃな。」
チビ「そうですね。エリーさん、よくお似合いですよ。」
エリー「ありがとう♪」
アイドール準備6




スージー「どうね?」
ウサ蔵「きゃ〜ん、メチャ可愛い〜v」
アイドール準備10




エリー「元気っ子ぽい感じでとてもいいわよ〜v」
恵美「まあ、概ねそうね。」
アイドール準備9




師父2号「モモヒキを脱ぎ忘れるとは、オナゴとして終わっとるの。」
スージー「これはスパッツっていうね。三蔵、もう少しファッションの勉強した方がいいよ。」
師父2号「……。」
ウサ蔵「プッ!」
アイドール準備8




恵美「いかが〜?」
エリー、スージー「わお、おっ洒落〜!」
アイドール準備5




師父2号「なかなか良いではないか、いつもと違って見えるぞ。」
チビ「ホントです〜、なんだかお淑やかに見えますよ。」
恵美「ウフ、ありがと♪…ん?」
アイドール準備4




恵美「真知子巻きで華麗に変身〜♪」
皆「……。」
アイドール準備7




エリー、スージー、恵美「ウサさん、どうもありがとう!」
ウサ蔵「どういたしまして〜。さ、これで全員参加できるわね♪」
エリー、スージー、恵美「はい〜♪」
お昼どこで食べる〜?……私ザックリしたセーターが欲しいのよね……ペチャクチャ♪
アイドール準備3




師父2号「ワシも行きたい!」
チビ「僕も。」
スージー「…お坊さんの服は売ってないと思うね。」
師父2号「そんなの要らんわ、わしゃピカピカの家具や装飾品が見たいんじゃ!」
アイドール準備2




ウサ蔵「皆さ〜ん、明日は9時出発よ、くれぐれも寝坊しないようにね!」
皆「オーッ!」
アイドール準備1


続く