三蔵様と旅をする

華流ドラマ『three kingdoms』で趙雲を演じられたニエ・ユエンさんの澄んだ美しい瞳と素晴らしい演技力にすっかり魅せられたウサ蔵は、その後、最愛の三蔵様に巡りあい、原語DVD購入では飽き足らず、師父人形まで造ってしまったのでした(変態)。というわけで、天竺までの道のりを人形師父と共に再現するブログです。※当ブログは球体関節人形を扱っていますので、苦手な方はご注意ください。
2015年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年10月
ARCHIVE ≫ 2015年10月
      

≪ 前月 |  2015年10月  | 翌月 ≫

ウサさん、グラス王子に会いに北海道へ行く♪3

[三日目]

< 優駿ビレッジアエル・わいわい広場>
ミー「中々いい所ですね。」
アイ「ああ。」
北海道3の10




ウサ蔵「おもちゃ館が閉まってて残念だったわね。」
スージー「うん。」
妹「姉ちゃん、シーソーに乗ろう!」
スージー「オッケー♪」
北海道3の1




妹、ウサ蔵「ヤッホ〜♪」
スージー「二人がかりでずるいよ。」
北海道3の9




スージー、妹、ウサ蔵「明日も晴れますように。」
北海道3の2



[四日目]

<乗馬コーナー>
ウサ蔵「グラスさんドクちゃん、こっち向いて〜、ハイ•チーズ!」
パシャ☆
荘子「ウサさんは乗らぬのか?」
ウサ蔵「工作のし過ぎで腱鞘炎になっちゃったから無理なのです〜。」
皆「……。」
北海道3の8




スージー「行ってらっしゃ〜い!あれ、柚さん(娘)が乗ってるお馬さん、ちょっと小さいよ。」
恵施「あの子はポニーじゃないかな?肩までの高さが147㎝以下の馬をそう呼ぶそうですよ。」
スージー「さすが恵先生、とっても物知りねv」
荘子「(うん蓄垂れおって…。)」
北海道3の7


ウサ蔵「さて、我々は何をしますかね?」
荘子「放牧されてるお馬さんを見に行ってはどうかの。」
皆「賛成〜!」


ウサ蔵「えっと…わ〜お、有名なお馬さんばかりだ!!」
荘子「ウサさん、後で人参を買うてくれ。」
ウサ蔵「いいわよ♪」
北海道3の17




スージー「こんにちは〜!」
ウサ蔵「老馬とは思えぬ引き締まったお体!毛艶も素晴らしいわ〜vv」
ワイワイ♪
北海道3の16




恵施「皆さん、あそこにお洒落な建物がありますよ、行ってみましょう!」
皆「オーッ!」
北海道3の11




皆「ふむふむ。」
北海道3の14




恵施「清潔な調理場ですね〜!」
北海道3の13




スージー「円筒形の藁小積みだv」
北海道3の12




ウサ蔵「ここからお顔を出すのね〜v」
北海道3の5




スージー「あ、柚さん達が戻ってきた!」
皆「二人ともお帰りなさ〜い!」
北海道3の4




恵施「道中は如何でした?」
柚「メッチャ楽しかったよ♪ヒンナちゃんが道草食いそうになった時はちょっと怖かったけどね。」
ヒンナちゃん「てへ、ごめんなさい^^;」
ラウ君「君はまだまだだな、早く僕みたいなプロフェッショナルにならなくちゃね。」
柚「イテテッ!…お尻擦りむけた予感。」
皆「……。」
北海道3の3


ウサ蔵「はい人参、皆にあげてね。」
皆「オッケー♪」
ポリポリ…←写真撮り忘れた^^;


お馬さん「ご馳走さま、とっても美味しかったです。」
北海道3の15




皆「またね〜!元気でね〜!」
北海道3の6


ウサ蔵「楽しい四日間だったわね〜、今度は全員で来ましょ♪」
皆「賛成〜!!」


<家>
八戒「これ何だ〜?」
恵施「ドライイチゴチョコですよ。」
皆「わ〜い♪恵先生、荘先生、どうもありがとう!」
沙悟浄「今お茶をいれて参りますね♪」
チビ「僕もお手伝いします〜♪」
北海道3の19




スージー「木の皮で織ったテーブルセンターね、私が選んだよ♪」
エリー「まあ、渋くていい色vこれ、師父の机にピッタリじゃない?」
ウサ蔵「でしょ〜、そう思って買ってきたのよ〜♪」
エリー「ところで師父は?最近お見かけしないけど。」
ウサ蔵「師父は腰痛で…ニャハハ!」
皆「??」
北海道3の18


終り
スポンサーサイト

Gプロジェクト5♪

パキッ!パキッ!…
Gプロジェクト55




ゴロゴロ…
Gプロジェクト53




ペタペタ…
Gプロジェクト54




ゴロゴロ…
Gプロジェクト52




ケズケズ…
Gプロジェクト51




悟空「そろそろ始めないとドヤされますぜ。」
荘子「そうじゃの。」
Gプロジェクト511




グルグル ネジネジ…
悟空「よっこらしょ!」
ウサ蔵「ウフ、やってるやってる♪」
Gプロジェクト59




恵施「大分出来ましたね〜。ん?荘周は?」
悟空「さあ、さっきから見当たりませんぜ。」
恵施「アイツまたサボってるな!」
Gプロジェクト58




ガサガサッ!
荘子「全く、小姑のような奴じゃの、わしゃここにおるぞ。」
八戒「荘先生、何してたんだ〜?」
荘子「食糧を見かけたのでの、ちょっと探しておったのじゃ。ホレ稲の穂。」
皆「……。」
Gプロジェクト510




悟空「随分手慣れてますね〜。」
荘子「漆農園の管理人をしておった時、手伝ったことがあるんじゃよ。」
八戒「へえ〜、荘先生も就職してた時があったんだ〜。」
Gプロジェクト57




八戒「オイラもう先の方をカットするの疲れたよ〜。」
悟空「俺様もだぜ。」
荘子「どうせ裏は見えんから、そのまま使うても構わんのではないか?二度美味しいりばーしぶる仕様じゃ。」
悟空、八戒「それは名案!」
Gプロジェクト56


続く

ウサさん、グラス王子に会いに北海道へ行く♪2

[三日目]

<ブリーダーズ・スタリオン・ステーション>
モシャモシャ…
ウサ蔵「グラスさ〜ん!」
北海道50




北海道2の5
グラスワンダー「ん、誰か僕のこと呼んだ?」




北海道2の6
トコトコ…
グラスワンダー「こんにちは♪」
ウサ蔵「こんにちは〜、お久し振りで〜す♪最後にお会いしたのは確か…2000年京王杯スプリングCでしたね。」
グラスワンダー「えっと…どなたでしたっけ?覚えてなくてすみません。」
ウサ蔵「グラスさんはスーパースター☆だもの、仕方ないですよ〜、気にしないでください。じゃあ、改めて自己紹介しますね、わたしウサ蔵です、ウサ蔵〜!どうぞよろしく!」
皆「……。」




北海道2の7
ウサ蔵「それにしても相変わらず可愛いですね〜vv」
グラスワンダー「可愛いだなんて〜、僕もう二十歳ですよ(//∇//)」
ペチャクチャ…
ウサ蔵「ところで、息子さんはどちらに?」
グラスワンダー「あの子は僕の隣りの隣りにいますよ。」




北海道2の11
ウサ蔵「アネ君こんにちは〜♪」
アーネストリー「こんにちは♪」
ウサ蔵「お父さんと一緒にいられて幸せね。」
アーネストリー「はい!僕も親父目指して頑張りますので応援してくださいね。」
ウサ蔵「勿論よ♪」




北海道2の10
ウサ蔵「ボード君は草食べないの?」
スウェプトオーヴァーボード「下向いてたらこの美貌が撮りにくいでしょ〜。」



北海道2の9
ウサ蔵「グラスさん、またね〜!元気でね〜!そうだ、家のグラスさんと一緒に写真撮ろう♪」
パシャ☆


<ビッグレットファーム>
北海道2の3
スージー「まるで公園みたいね♪」




北海道2の2
スージー「そろそろデジ君(アグネスデジタル)がもよおす頃よ。」




北海道2の1
スージー「二人とも早く〜!」




北海道2の8
アイ、ミー「はいはい、今行きますよ。」



北海道2の13
ボトボトッ!←実話



北海道2の14
スージー「デジくん、掃除は私達に任せるね!」
アグネスデジタル「よろしく。」
ウサ蔵「おお、余裕の表情!さすが芝もダートもこなすスーパーG1馬vv」




北海道2の12
ウサ蔵「お疲れさま。」
スージー「お馬さんのウ○チの臭い、思ってたより強烈だったよ。ふ〜、労働の後の休息最高ね♪」




北海道2の15
スージー「この芦毛ちゃんとっても利口な顔してる、可愛い〜vv」
ウサ蔵「一歳半くらいかしらね?お名前は…父スクリーンヒーロー…え〜、もしかしてこの子、グラス王子のお孫さん!?」
スージー「まさに運命の出会いね!ウサさん、この子のデビュー戦一緒に観に行くね!」
ウサ蔵「勿論ですとも〜!」

☆グローリサンディの2014(牡)←帰ってから調べました。どんなお名前になるのかしら〜、ワクワク♪



<優駿ビレッジアエル>←写真撮るの忘れてしまった^^;
ウサ蔵「ここのホテル素敵な公園があるんだって、ちょっと暗くなったけど行ってみる?」
スージー、妹「行きます〜!」

続く

Gプロジェクト4♪

<木>
茶色のフローラテープで葉っぱをまとめて枝を作り、
Gプロジェクト4の17




木に固定しました。
Gプロジェクト4の16




厚めの段ボールを丸く切り抜き、
Gプロジェクト4の15




端の方をを少し剥がしてボンドを塗り、
Gプロジェクト4の11




トンカチでスリスリしながら接着し、中央に錐で木の根元大の穴を開けました。
Gプロジェクト4の9



ギザギザにカットした茶色のフェルトに、
Gプロジェクト4の6



段ボールを乗せ、ヒラヒラの部分にボンドを塗って、
Gプロジェクト4の5



接着し、
Gプロジェクト4の4



裏返して穴の部分にボンドを塗り、木を差しみました。ふふ、丸ぼうろ(佐賀の銘菓)みたい。余談ですが、丸ボウロをトースターで一分程焼き、少し冷ましてからマーガリンを塗って食べるとメチャ美味しいんですよ〜v
Gプロジェクト4の3




木完成〜!
Gプロジェクト4の2




<シダ植物>
乾燥させた葉を造花用ワイヤーでまとめ、
Gプロジェクト4の12




アクリル絵具を塗りました。強度が増した気する〜♪
Gプロジェクト4の18



<テラスを支える柱>
ホームセンターでカットしてもらいました。1カット30円×3♪綺麗な切り口〜vv(上に乗ってる薄い板は私作^^;)
Gプロジェクト4の14




ボンドで接着〜♪
Gプロジェクト4の8



土台にアクリル板(この部分が川になります)とグレーのフェルト(これで誤魔化せるかな?)を敷き、お家&橋をセット。
Gプロジェクト4の13



テラスに残りの柱(土台につく部分)をつけました。
Gプロジェクト4の10



<手前側の地面>
Gプロジェクト4の7



次は岩か…ちゃんと出来るかな〜(・_・;
Gプロジェクト4の29



<オマケ>
庭から取ってきたススキを
Gプロジェクト4の30



ミニチュアサイズに改造しました。左側の雑草は布製です。これらは他のセットに使用する予定♪
Gプロジェクト4の19

ウサさん、グラス王子に会いに北海道へ行く♪1

[一日目]

<羽田空港>
北海道1
恵施「いざ、北の大地へ!」




北海道5
荘子「相変わらずじゃのう、今日は宿へ行くだけじゃろうが。」




<登別温泉>
北海道2
スージー「そのお菓子、私達も欲しいね。」
アイ「いい…ん?お前新顔だな。」
スージー「私の妹ね。ウサさんがこの前横浜中華街で買ってきてくれたよ。」
…自己紹介中…




北海道4
アイ「おいお前達、食ってばっかいないで牧場に行く準備をしようぜ。」




北海道3
アイ、ミー、スージー「バケツよし!スコップよし!ホウキよし!」
妹「お〜い!」




北海道14
妹「グラスさんよし!」
ドドドド…
皆「……。」




[二日目]

<白老ポロトコタン・アイヌ民族博物館>
北海道13
皆「おっきい!!」




北海道23
ウサ蔵「あそこで伝統的な踊りが見れるそうよ、行ってみましょ♪」




北海道12
ウサ蔵「母鶴が子に飛び方を教える所を再現した踊りだそうよ。」




北海道22
スージー、妹「マミー…」




北海道36


北海道37


北海道35


北海道30


北海道29


北海道31


北海道32


北海道28
ウサ蔵「アイヌの人達の生活様式や文化に触れることが出来てとっても楽しかったわ〜♪」
スージー「絶妙な色使いにやられちゃったね!」




北海道6
パシャパシャ!
スージー「荘先生達は入らないのか?冷たくて気持ちいいよ。」




北海道7
荘子「いっちょうらの着物が濡れてしもうては困るでの。」
スージー「私はもう一着持ってきたから大丈夫ね。オニューなんだよ♪」
恵施「へ〜、どんなデザインだろう、楽しみだな。」
ウサ蔵「皆〜、記念撮影するからこっち着て〜!」




北海道21
妹「姉ちゃんだけズルいよ。」
スージー「妹よ、お前は体重が軽いから水遊びは危険ね。」
荘子「(本当にそっくりな姉妹じゃのう。)」
ウサ蔵「ハイ・チーズ!」パシャ☆




<ブリーダーズ・スタリオン・ステーション>
北海道15
ウサ蔵「下見完了!皆〜、見学できるのは8時30分から1時間だけだから寝坊しないでよ〜。」
皆「了解!」




[三日目]

北海道20
係員さん「馬に触らないこと、大きな音を立てないこと、走り回らないこと……」
ウサ蔵「ここに憧れのグラス王子がいるのね〜♪なんてご挨拶しようかしら〜♪人参はあげられないよね〜♪……」
荘子「(ちゃんと聞いておるのかの。)」




北海道25
ウサ蔵「あそこにいらっしゃるキラキラしたお方はもしや〜♪」




北海道26
ウサ蔵「やっぱグラスさんだった♪グラスさん、こんにちは〜!」
荘子「……。」