三蔵様と旅をする

華流ドラマ『three kingdoms』で趙雲を演じられたニエ・ユエンさんの澄んだ美しい瞳と素晴らしい演技力にすっかり魅せられたウサ蔵は、その後、最愛の三蔵様に巡りあい、原語DVD購入では飽き足らず、師父人形まで造ってしまったのでした(変態)。というわけで、天竺までの道のりを人形師父と共に再現するブログです。※当ブログは球体関節人形を扱っていますので、苦手な方はご注意ください。
2014年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2014年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
      

≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

雪合戦6〜反省会〜

師父「関羽殿、連日ご足労頂きありがとうございました。」
関羽「礼には及びませんぞ。久々に童心に返って楽しゅうござった。悟空殿、来年は決着をつけたいですな。」
悟空「ええ!」
反省会6

沙悟浄「あの時手伝いに行けばよかったな〜。」
チ、ウ「ははは!」
ウサ「さ、出来た〜♪」
沙悟浄「美味しそうですね〜v」
チビ「白玉大好き〜v」
反省会1

ウサ「お待たせ〜。」
八戒「わ〜い、ウサさん、お代わりしてもいいんでしょ?」
ウサ「勿論よ。」
反省会5

八戒「やった〜!兄貴があんな事言うから心配してたんだ〜。」
悟空「あんな事ってなんだよ?」
八戒「ウサさんに「八戒の奴は最近太り過ぎだからお汁粉のお代わりをさせないで。」って言っただろ!」
反省会4

悟空「……ウサさん、汚いですぜ。」
ウサ「ふふふ、勝負に綺麗も汚いもないわよ♪」
八戒「え?……ウサさん、もしかしてオイラを嵌めたのか?」
ウサ「でへへ〜。」
悟空「全くお前は!この俺様がお前の体重管理までしてやる義理はないって〜の!」
皆「ハハハハ!」
反省会3

八戒「てことは…師父2号、おかずの話も嘘なのか〜?」
師父2号「簡単に引っかかりおってw」
雪合戦9

八戒「ひどいな〜。ところでお前、お汁粉だけ食べにくるなんてズルイぞ!」
師父2号「ワシはずっと戦っておったわ!まだ腰が痛むぞ。」
八戒「…座ってただけだろ…ブツブツ。」
師父「……。」
悟空「ククク…。」
反省会2

ウサ「さ、皆、冷めない内に食べましょう!」
皆「は〜い、頂きま〜す!」
美味しいね〜v…モグモグ、お代わり〜!…これ、そんなに急ぐと火傷するぞ。…ワイワイ♪
反省会7
スポンサーサイト

お汁粉、うどん、寸胴鍋を作りました。

<お汁粉&お餅の磯部焼き>
お汁粉3
お玉も作らなきゃ。

<うどん&トッピング用のお揚げとネギ>
お汁粉4
麺を汁に通すのと、ネギの潰れた切り口を広げる作業が面倒臭かった。

<寸胴鍋>
お汁粉5
ロウソクの容器を使用。これで片手鍋も作ろうかな。

<ミシン&アイロン>
お汁粉6
コードが太すぎだろw後はミシン糸を作るだけ。

<室内用物干し>
お汁粉2
高さは調節できません(笑)

雪合戦5

悟空「あ〜、可笑しかったぜ…ハハ…さ、ふざけてないで始めましょうや!」
師父「おう、望むところじゃ!」
ビシッ!バシッ!
チビ「(補充、補充と!)」
悟空「なんで玉が途切れないんだ?」
雪合戦79

せっせ、せっせ。
関羽「この位あればよかろう。」
雪合戦71

ウサ「関羽殿、先に行ってください!」
関羽「転ばぬよう気を付けられよ!」
雪合戦70

師父「もはやこれまでじゃ、鍋を持って死地に赴くぞ!」
チビ「はい!」
雪合戦76

悟空「二人共覚悟はいいですかい?」
チ「…ひ、必殺″背水の陣″!」
悟空「背水の陣〜?何ですかそりゃ?」
師「つ、つまり死に物狂いで戦うという事じゃ〜!!」
悟空「ワハハハハ!」
バシッ!ビシッ!
雪合戦80

関羽「……遅かったか。」
雪合戦78

ウサ「ハア、フウ、関羽殿〜、お待た…ギャッ!」
悟空「すみませんね〜、ウサさん。」
雪合戦77

ヒュゥゥゥゥゥ…
関羽「悟空殿とは一度お手合わせしてみたかったのじゃ。」
悟空「俺様もですぜ。」
いざ!!
雪合戦81

バシッ!ビシュ!ササササ……ビシッ!……
ウサ「どちらが勝つかしら?」
チビ「関羽殿の方が玉が沢山ある分有利だと思いますよ。」
八戒「でも兄貴の方が命中率は高いぞ〜。」
ワイワイ…
雪合戦75

沙悟浄「皆…。」
皆「……。」
雪合戦74

皆「せーの5!4!3!2!イーチ!合戦終了〜!!」
雪合戦73

関、悟「……。」
雪合戦72

続く

☆背水の陣…一歩も後にはひけないせっぱ詰まった状況に身を置いて,必死の覚悟で事にあたること。

雪合戦4

悟空「八戒の奴、なに怒ってんだ?……さ、俺様も皆を退治しに行くかな。」
チビ「(師父!)」
師父「(うむ!)」
雪合戦52

チビ「やあやあ我こそは紀伊の国は高野山の高野君太郎(たかのきみたろう)でござ〜る!」
師父「(ククク…)」
チビ「(師父も笑ってないでやってくださいよ!)」
師父「(コホン!)我こそは大和の国は中雷音寺の玄奘三蔵右衛門でござ〜る!」
チ、師「いざ、尋常に勝負いたそう!」
雪合戦51

悟空「……ブハハハハ!!二人とも恐怖で頭がおかしくなったんですかい?ハハハハ…あ〜可笑しい、笑いが止まらないぜ…ハハハハハ…」
チビ「(″笑いの計″成功ですね♪)」←そんな計はありませんw
師父「これで5分は稼げるの。」
雪合戦50

八戒「ウサさ〜ん♪あれ、いない、紫の土管かな〜。」
雪合戦60

八戒「……あのピンクの奴が怪しいぞ〜。」
雪合戦60

八戒「……ここにもいない。」
ウサ「(フフフ、必殺″保護色の計〜″)」←んなバカなw
雪合戦58

八戒「よっこらしょっと!ここかな〜?」
ウサ「隙あり〜!!」
八戒「え?」
バシッ!ビシッ!
雪合戦57

八戒「(あ〜ビックリした!ウサさん、ワープしたのか?……あっち側で玉を作ってから反撃しよう。)」
ウサ「(関羽さ〜ん!)」
雪合戦59

関、ウ「(フフフ、せーの!)」
ビシッ!バシッ!ドゴーン!
雪合戦56

関、ウ「敵将討ち取ったり!!」
雪合戦54

関羽「さ、救援に参ろう!」
ウサ「はい!」
雪合戦53

以下、コメント拍手のお返事です。

雪合戦3

スクッ!
師父2号「八戒!」
八戒「あ、師父2号!昨日から動かないから心配したんだぞ〜。」
師父2号「ちょっとこっちに参れ!」
雪合戦58

八戒「何だ〜?」
師父2号「あのな………。」
八戒「…もう完全に頭にきたぞ〜!!」
師父「……。」
雪合戦57

沙悟浄「チビ殿、覚悟!」
雪合戦56

クルッ!
チビ「沙悟浄さん……(必殺″アイフルの計″!)」←美人計の応用編w
沙悟浄「……。」
雪合戦55

関「(チャンス!行くぞ、ウサ殿。)」
ウサ「(ラジャー!)」
そろ〜り、そろ〜り
雪合戦54

関、ウ「隙あり〜!!」
沙悟浄「うわ〜!!」
チ、関、ウ「敵将討ち取ったり〜!」
雪合戦53

チビ「(師父、沙悟浄さんをやっつけましたよ♪)」
師父「(そうか!よくやったぞ。)」
チビ「(関羽殿が悟空さんをもう少し境内に引き留めててくださいって。)」
師父「(よし!)」
雪合戦60

八戒「もう兄貴とは口を聞かないからな〜!ブツブツ…」
関羽「来ましたぞ、ウサ殿、早く!」
ウサ「ラジャー!」
雪合戦61

八戒「あれ、土管が増えてる…はは〜ん、ウサさんの仕業だな〜、こんな所に隠れても無駄だぞ〜♪」
雪合戦50

続く

☆美人計…色仕掛けで相手の 戦意を蕩かせてしまう計略。

雪合戦2

翌朝…
沙悟浄「積もりましたね〜!」
悟空「最高の戦日和だぜ!」
雪合戦35

ウサ「まず何か暖かい物を飲んで体を温めましょうか。」
八戒「賛成〜♪おいらホットミルク〜v」
悟空「俺様はココア〜v」
沙悟浄「ウサさん、お手伝いしますよ。」
チビ「あ、今日は僕が!沙悟浄さんはゆっくりしててください。」
雪合戦36

ウサ「チビちゃん、お湯が沸くまで私も手伝うわ!」←ヤカン忘れたw
せっせ、せっせ…
雪合戦33

八戒「ウサさん遅いな〜。」
沙悟浄「やはり私も手伝って…」
関羽「沙悟浄殿はどのような書物がお好きかな?」
沙悟浄「あ、歴史書や詩集をよく読みます。」
関羽「ほう、詩ですか、李白と杜甫、どちらが………」←タイムスリップして1年以上経ってるので知っているw
雪合戦34

チビ「ウサさん、この位でどうでしょう?」
ウサ「バッチリよ!さ、行きましょう!」
雪合戦32

チビ「お待たせしました〜。」
八戒「わ〜いv」
雪合戦31

ウサ「ねえ皆、雪合戦のルールなんだけど、空中戦は禁止、行っていい場所は寺の敷地内と公園、転んだらアウト、2時間経過した時点で残ってる人数が多い方が勝ちってことにしない?」
悟空「なかなかいいアイデア!」
皆「賛成〜!」
雪合戦30

悟空「師父2号、なんで動かないんだ?」
悟空「こんな所に持って来たってしょうがないだろ。」
八戒「おいら達が戦ってるのを見たら動き出すかもしれないじゃないか。」
悟空「プッ!」
雪合戦29

ウサ「ねえ八戒君、ちょっと!」
八戒「なんだい、ウサさん?」
ウサ「あのね………。」
雪合戦28

雪合戦開始!

サササッ!
悟空「お前達、一応敵さんの方が人数が多いから念のため固まって行動するぞ!」
沙悟浄「わかったよ、兄貴。」
八戒「……。」
悟空「おい八戒、返事は?」
雪合戦27

八戒「なんで兄貴に指図されなきゃいけないんだよ、オイラは単独で行動するぜ!」
悟空「何だと!」
だから……嫌だね……兄貴達…
ウサ「(フフフ、″離間の計″成功!師父、ここで見張っててね、もし和解しそうになったら何とかして!)」
師父「(…了解。)」
雪合戦26

トントン!
チビ「沙悟浄さん、無駄に時間が過ぎてしまいますよ、僕と正々堂々勝負いたしましょう!」
沙悟浄「そうだな、全くしょうがない兄貴達だな〜。」
雪合戦24

チビ「エイッ!」
沙悟浄「こら待て〜♪」
雪合戦22

八戒「ひどいよ兄貴、オイラがどんなに楽しみにしてたか知ってる癖に…ブツブツ…。」
悟空「何の事だ?」
八戒「だから〜…」
師父「(マズイ、バレるぞ、どうすればいいかのう……。)」
雪合戦21

続く

☆離間の計…対象の仲を裂くことで状況を打破する戦術

カレー屋さんに行こう!

ウサ「さ、着いた〜。」
皆「わ〜い、何食べようかな〜♪」
カレー1

ウサ「どれにする〜?」
悟空「俺様はホウレン草カレー!」
師父2号「ワシは豆カレーがいい!」
ワイワイ…

ウサ「これ、スパイシーでビールにメチャ合うのよね〜vプハーッ!」
八戒「自分だけズルいぞ〜、オイラ達も何か飲みたい!」
ウサ「はいはい。」
カレー5

ウサ「マトンケバブがきた〜!美味しそう〜v」
皆「う〜っ、食べられない〜!」
ウサ「キャベツは大丈夫でしょ。」←ヒドイw
カレー4

皆「きた〜!!…モグモグ…美味しい〜v」
沙悟浄「天竺近くの食堂で食べた野菜煮込みを思い出しますね〜。」
悟空「師父に食べさせたらきっと涙ぐみますぜw『悟空、一体いつになったら帰れるのかのう…。』」
沙悟浄「兄貴、やめろよ。」
カレー3

師父2号「ラッシーじゃv」
八戒「オイラのチャイティー、早くこないかな〜。」
カレー2

皆「師父、ただいま〜!」
師父「おかえり。」
皆「お土産を買ってきたよ〜!」
カレー7

チビ「モンブランとチョコブラウニーですよ。」
師父「おお、美味しそうじゃのうv」
ウサ「今お茶を入れてきますね〜♪」
カレー6

小道具がほぼ完成しました〜!

<ミシン&アイロン>
雪玉5
色塗りを失敗した所は白のシールで誤魔化そう(笑)

<電気炊飯器&フライパン>
雪玉6
乱暴にヤスリ掛けしてたらフライパン取っ手が折れてしまった(汗)接着剤でくっつけたけど…。

<土鍋>
雪玉7
可愛い模様のシールを貼ろうかな。

<フェイクフード>
雪玉4
野菜籠を編まなくちゃ♪

<雪玉>
家にあった緩衝材を使用。
雪玉3

中のフワフワの部分は真っ白v
雪玉2

丸くカットしました。
雪玉1

沢山できたぞ〜♪さ、雪合戦2のお話を考えなくちゃ。←行き当たりばったり過ぎるw

雪合戦1

悟空「おい、来てみろよ、雪が降ってるぜ!」
八戒「えっ、ホント?皆、見に行こうぜ!」
雪合戦14

沙、チ「綺麗ですね〜v」
悟空「明日は雪合戦だな♪」
師、チ、ウ「……。」
雪合戦13

〜去年の雪合戦〜
悟空「俺、八戒、沙悟浄vs師父、チビ、ウサさんか…ちょっとアナタ達弱すぎじゃないの〜wもう一回クジ引きやり直してあげましょうか〜?」
師、チ、ウ「(ムッカー!)結構!」
雪合戦2

悟空「師父覚悟!!」
師父「悟空……。」
雪合戦10

師父「わ〜っ!!……。」
雪合戦9

ウサ「沙悟浄さん、女性には優しくするものよ!」
沙悟浄「……。」
悟空「おい悟浄、何してる!勝負に情けは禁物だぞ、さっさと仕留めろ!」
沙悟浄「…ウサさん、すみません…。」
雪合戦8

ウサ「ギャーッ!!……。」
雪合戦11

チビ「八戒さん、今日のオヤツあげるから……。」
八戒「え、どうしようかな…。」
チビ「明日の分も、いえ、一週間分のオヤツでどうです?」
悟空「おい、何やってる!サッサとケリをつけろよ!」
八戒「ヘイヘイ、わかりましたよ〜。」
雪合戦4

チビ「うわ〜っ!!……。」
雪合戦3

悟空「今年もクジでチーム分けしますかい?」
師父「関羽殿を助っ人に呼んでいいなら去年と同じチームで構わぬぞ。」
悟空「無問題ですぜ。」
雪合戦1

〜緊急作戦会議〜
ウサ「関羽殿、何か良い策は?」
関羽「…離…というのが…」
師父「ワシはそんな卑怯なマネはできそうにないのう。」
関羽「まあ拙者も無理ですな〜。」
チビ「ウサさん、僕を見ないでくださいよ〜!」
ウサ「…わかったわよ、私がやればいいんでしょ!」
雪合戦7

沙悟浄「兄貴、我々も話し合わなくていいんですか?助っ人は関羽殿なんですよ。」
悟空「関羽殿は確かに手強いけど後の三人があれだからなあ…プッ、あのへっぴり腰wまた今年も楽勝だろ。」
八戒「オイラ雪合戦の後のお汁粉が楽しみだな〜vたくさんお代わりするぞ〜!」
雪合戦5

チビ「雪玉を……。」
ウサ「ルールは……。」
関羽「…美…この策は効果的……。」
ウサ「師父、いざという時は……本で調べたのよ♪」
師父「フムフム。」
関羽「……。」
雪合戦6

続く

只今フェイクフード&鍋を作成中

<白菜、豆腐、大根、生椎茸、長ネギ>
鍋4

<饅頭、餡まん、白玉、謎の物体(笑)>
鍋3

<鍋&フライパン>
鍋2
鍋はガチャポンの容器に、フライパンはペットボトルの蓋に紙粘土を貼り付けて作っています。蓋は少し乾燥してから取り出しました。

<師父の部屋で使う悟空ちゃん達の椅子>
鍋1
厚紙とコルク板で作成。5つ並べると可愛いわ〜v(ちょい歪んでるけど^^;)

土間が完成しました〜!

中雷音寺の土間で〜す。
土間57

四畳半の配膳室(笑)
土間55

建て付け悪いな〜。あ、食器入れるの忘れた!
土間54

水道の蛇口が細過ぎるような…ま、いっか。
土間52

片肌脱ぎで薪割りをする師父を撮影したいv
土間53

外から中を覗きま〜す(笑)
土間51

<オマケ>
土間50

段ボール箱で作りました。端の方に壁面を固定すると結構安定します。リビングルームや公園にも使い回せそう。
土間56

聖バレンタインデー☆〜それぞれの想いを込めて〜3

八戒「ねえ、スージーちゃん、ゲームで遊ぼうよ!」
スージー「ハーイ!」
師父「お前達、画面から離れてな。」
皆「はーい!」
今川義元8

八戒「これ、この国の歴史の勉強になるからって師父がくれたんだ〜。」
スージー「……。」
チビ「スージーちゃんには向かないですよね、マリオにしましょうか?」
スージー「ソンナコト アリマセーン!コレ ヤルデス!」
今川義元7

チビ「あれ、画面が大きくなってませんか?」
悟空「またウサさんがいい加減な仕事したんだろw」
八戒「出た〜、キモキャラ!」
悟空「まろと蹴鞠ろうの♪」
スージー「……。」
今川義元6

悟空「顔もだけど、このファッションも笑えるぜ〜!」
八戒「コイツ、ホント織田信長の引き立て役だよな〜。」
スージー「そんなことないですよ!今川義元は海道一の弓取りと言われた名将で、教養も高く政治の才能にも秀でていたのです、それに彼は……」
皆「…スージーちゃん、カタカナ言葉は…。」
今川義元5

スージー「……彼は身分を問わず有能な人材を……」
チビ「スージーちゃんって歴女だったのですね……。」
今川義元4

ウサ「姫&亀さんへ……これでよし!」
今川義元1

ウサ「チョコ、好評で良かったわね〜♪」
スージー「フタリデ エランダカイ アッタネ♪」
ウサ「ところでスージーちゃんは歴女だって〜?チビちゃんから聞いたよ〜。」
スージー「ワタシ、ニホンシガッカノ ガクセイネ。」
ウサ「そうだったんだ〜。あ、私も今川義元は嫌いじゃないよ。」
今川義元3

翌日…
姫「ウサ殿から葉書が…」
亀「どれどれ〜、姫の手作りチョコ、師父から一つ強奪しました。メッチャ美味しかったですv来年もヨロシク!亀さんのチョコ、超〜可愛いかったので撮影に使わせてもらいました。あ、お節介かもしれませんが、師父はミルクチョコ、沙悟浄さんはビターチョコ派ですよ。また来年もチョコ対決しましょうね♪ウサより。」
姫&亀「…ま、ホホホ!」
今川義元2

セットを常設にしよう!

撮影の度にセットを組むのが億劫になってきたので、年に数回しか帰らない息子の部屋に常設することにしました〜(笑)
どうせ帰ってきてもテレビのある茶の間にしか寝ないしね〜。
これで効率が数段アップするぞ〜!

入って左側から
バスルーム→本堂(師父の部屋の壁を拝借しなくてはならないw)
常設2

師父の部屋→ウサさんの部屋
常設3

リビングルーム→境内(デロンギで寒さ対策も万全)
常設1

後は土間のセット(もうすぐ出来る〜。)と公園のセット(背景が汚いので作り直したい…。)を置けば完璧!(笑)

<オマケ>
簡単レシピ〜♪
小松菜と豚肉のマヨネーズ炒め
常設4
豚肉薄切りを炒める→小松菜を加えて炒める→マヨネーズ&麺つゆ適量を加えて全体に絡めたら火を止める。
超〜簡単でとっても美味しいですよ〜v

聖バレンタインデー☆〜それぞれの想いを込めて〜2

ウサ「スージーちゃん、その箱素敵ね〜v 」
スージー「アリガト。ウササンノモ カワイイヨv」
ウフフ♪
バレンタイン20

スージー「三蔵、チョコ ドゾ!ワタシ ツクッタネ。」
師父2号「そんな物要らぬわ!
ウサ「このチョコ、誰も見たことないと思うわ〜。」
チビ「え〜、そんなに珍しい物なんですか?」
ウサ「うん、と〜っても!!」
師父2号「……貰ってやってもいいぞ。」
バレンタイン19

チ、八「わ〜、可愛いv」
悟空「周りの模様がお洒落だね〜、師父2号、いつもよりイケメンに見えますぜ。」
師父2号「…そうか?」
スージー「ピカピカブックカバーモ ツクッタネ。」
師父2号「……スージー殿、ありがとう。」
バレンタイン21

ウサ「師父〜、はいコレv」
師父「…ありがとう。」
ウサ「ね、開けてみて!」
バレンタイン19

ウサ「このチョコ、パズルになってるの〜、やってみて!」
チビ「わ〜、楽しそう!」
八戒「師父〜、早く〜!」
バレンタイン23

師父「どれ……これでいい……」
バレンタイン18

悟空「プッ!師父、オデット姫でも踊る気ですかい?」
チビ「ウサさん、この写真どうしたんですか?」
ウサ「去年の伊勢旅行の時に撮ったのよ。トランクを開けたらこのポーズの師父がいたの〜v」
八戒「いいな〜、オイラも見たかったな〜。」
師父「……。」
バレンタイン17

ス、ウ「ミンナニモ ヨウイシタネ。」
皆「わ〜い!」
バレンタイン16

ス、ウ「アポロは悟空ちゃんに、マーブルチョコは八戒君に、スニッカーズは沙悟浄さんに、ミニ箱詰め合わせはチビちゃんに〜v」
皆「どうもありがとう!」
ワイワイ♪
バレンタイン22

師父2号「マリオの最新攻略本じゃ。」
バレンタイン15

続く

友達が教えてくれたカレ・ド・ショコラの「 ラベルファクトリー」サイトでオリジナルラベルを作りました。(Rさん、ありがとう!)
インクが切れかかっていたので出来はイマイチですが…。


聖バレンタインデー☆〜それぞれの想いを込めて〜1

スージー「コンニチハ〜。」
皆「いらっしゃ〜い!」
八戒「今日は何して遊ぼうか?」
チビ「スージーちゃん、新しいゲームがありますよ♪」
ワイワイ…
バレンタイン11

姫「三蔵様は喜んでくださるじゃろうか?」
亀「姫の手作りチョコは天下一品ですもの、大丈夫ですよ。」
姫「お前はどんな物にしたのじゃ?」
亀「フフフ、内緒。ワタクシのナイスなセンスで沙悟浄殿をノックアウトしてみせますわ!」
バレンタイン8

ウサ「可愛くできた〜?」
スージー「バッチリヨ!…三蔵ウケトッテクレルカナ〜。」
ウサ「私に任せときなさい!」
バレンタイン10

ウサ「あ、姫と亀さんだ…。」
スージー「ソレハダレデスカ〜?」
ウサ「同じ村の住人よ。」
バレンタイン9

姫「三蔵様、どうぞ…お口に合うとよろしいのですが…。」
師父「…有難うございます。」
亀「これ、姫の手作りなんですよ。ビターチョコを使ってありますから甘さ控えめでそりゃあ美味しいんですのよv」
師父「はあ…。」
バレンタイン7

ウサ「(師父はああ見えて実は甘党なんです〜。)」
スージー「(ウササン、トテモキレイナヒトタチネ!)」
ウサ「(そうなのよ、でも大丈夫、師父は誰にもなびかないから。)」
バレンタイン6

亀「沙悟浄殿、どうぞ…お気に召すとよろしいのですが…。」
沙悟浄「…有難うございます。」
姫「亀、やけに大人しいのう、先程は『最高に洒落た物が見つかった〜』とはしゃいでおったのに。」
亀「姫!…ホホホ。」
八戒「え、何だろう、おい悟浄、開けてみろよ!」
バレンタイン5

八戒「わ〜っ、可愛い〜v」
チビ「僕、ペンギンさん大好き〜v」
亀「西遊記では沙悟浄さんは河の中を彷徨ってらっしゃいますのでね。」
沙悟浄「…あの、ペンギンは海の生き物ですが…。」
亀「……ホホホ、同じ水棲ってことで。」
皆「ハハハハハ!」
バレンタイン4

ウサ「ねえ沙悟浄さん、そのペンギンちょっと貸してくれない?
沙悟浄「いいですよ。」
師父「ウサさん、何をするのじゃ?」
バレンタイン3

ウサ「撮影に決まってお〜る!お盆に庭の雪をタップリ詰めて〜♪青空と海〜、そしてペンちゃ〜ん♪」
バレンタイン2

チビ「ウサさん、仲良し二人組と転んでる子を作りましょうよ♪」
ウサ「ナイス アイデア!」
スージー「キャー、カワイイ〜v」
キャッキャッ♪
師、沙「……。」
バレンタイン1

ウサ「チョコの準備はいい?」
スージー「オッケーヨ!」

続く

土間を作りたい!3〜妨害〜

ギコギコ…
ウサ「飲ませてください もう少し〜♪今夜は帰らない 帰りたくない〜♪誰が…」
皆「ウサさん、お腹が空いたから何か頂戴。」
土間28

ウサ「しょうがないわね〜…お芋でいい?」
皆「わ〜い、お芋大好き〜♪」
土間26

ウサ「師父2号、しっかり持っててよ。」
師父2号「どの位で出来るのじゃ?」
ウサ「そうねぇ、30分くらいかな。」
ワイワイ…
土間25

皆「美味しい〜v」
ウサ「チビちゃんはどうしたの?」
皆「空海様にお手紙を書いてるんだ。」←ウソw忘れちゃったの、ゴメ〜ン!
土間24

ウサ「さ、工事を再開するか〜。」
トンカントンカン…
ウサ「飲ませてくださいもう少し〜♪」
土間23

30分後…
皆「公園で遊んでたら喉渇いちゃった〜、何か飲み物ちょうだい。」
ウサ「……。」
土間27

皆「運動の後のお茶って最高!」
ウサ「そりゃよござんした。」
土間22

皆「次は何して遊ぼうか〜。」
ウサ「ハ〜ッ。」
土間21

土間を作りたい!2

ここまで出来ました〜。

<カマド3基>
土間13
厚紙本体と色画用紙で作ったカバーの穴の位置を調整するのに結構時間が掛かりました。中はグレーに塗ってます。

<食器棚>
土間12
これまでに作った皿が全部収納出来そう(笑)

<流し台>
土間11
石製(笑)
家族がステンレス製の物よりリアルだと言うので…。
後は水道の蛇口を付けるだけで〜す。

<オマケ>
久し振りに簡単レシピをご紹介〜♪
納豆スパゲッティー
土間14
フライパンにバターとニンニクのみじん切り(チューブのでも良い)を入れてから火をつけ、焦がさないように炒め、そこにひき割り納豆を入れて更に炒め、火を止めて納豆のたれを加え、茹でたスパゲッティと和える。最後にネギ(小口切り)をトッピング。

バターもニンニクもタップリ入れた方が美味しいですよv
とても簡単で美味しいので是非お試しを!

土間を作りたい!

台湾で買ってきたカマドを見ていたら無性に土間が作りたくなってきました(笑)
土間5

<カマド3基>
土間4

<食器棚>
土間3

<フキン掛け・まな板・電気炊飯器(ウサさんが持ち込んだw)>
土間2
流し台&包丁も作らなきゃ。

ウサさんの部屋の小道具も作っています。
<ミシン・アイロン・アイロン台>
土間1
相変わらずいい加減な作業だな〜(笑)

<室内物干し>
土間6
ウッドクラフトの廃材(浴槽)が思わぬところで役に立ちました。

スージーちゃんがやって来た!5

チョロチョロ…
ウサ「これに浸して〜、その次に〜……スージーちゃん、流し台にこれ置くから手伝って〜。」
スージー「ラジャー〜!」
カチャカチャ…
ウサ「よし、これでオッケー!暗幕を取りま〜す。」←んなバカなw
現像7

ウサ「 さ、後は乾燥するのを待つだけ〜!」
スージー「タノシミデースv」
現像6

ウサ「お茶にしましょうか♪」
スージー「サンセ〜イ!」
現像5

ウサ「友達にもらったお菓子があるのよvじゃ〜ん!」
スージー「オオ!カワイイウサギサーン!」
現像2

スージー「タベルノ、モッタイナイデース!」
ウサ「好きな方を選んでいいわよ〜。」
スージー「ワタシ、ピンクシマースv」
「美味しい〜vシアワセ〜♪」
現像1

スージー「コレ、ステキ〜v」
ウサ「ね、コレもいいと思わない?」
キャッキャッ♪
トントン!
ウサ「は〜い、ちょっと待って〜!」
現像4

ス、ウ「どうぞ〜!」
皆「スージーちゃん、一緒に遊ぼうよ!」
スージー「ハ〜イ、イマイキマ〜ス!」
現像3

……
スージー「師父、オセワニナリマシタ。」
師父「また遊びにいらっしゃい。」
スージー「ハ〜イ、アリガトゴザイマス!」
スージーお風呂14

ワイワイ…
チビ「…スージーちゃんもウサさんも目をどうかしたんですか?」
ウサ「え、何ともないわよ、ね?」
スージー「ドウモシナイネ、デハミンナ、マタネ!」
皆「またね〜!」
スージー「…三蔵、マタネ〜!」
師父2号「…おう。」
スージー10

雪が降った〜!2

チビ「ウサさん、今日は晴れましたね♪」
ウサ「そうね、昨日の吹雪がウソみたい。」
八戒「オ・ヤ・ツ〜♪オ・ヤ・ツ〜♪」
悟空「店、開いてるといいな。」

師父2号「公園に寄っていきたい!」
皆「賛成〜!」
雪6

チビ「目と口を付けて〜、帽子はどうしよう…」
師父2号「葉っぱでどうじゃ!」
チビ「いいですね〜v」
雪4

悟空「俺たちはワンコ雪だるまを作ろうぜ!」
八、沙「オーッ!」
雪5

皆「よかった〜!!」
雪2

八戒「おいらの大好きなクランキーチョコ〜v」
チビ「ギンビスのアスパラガスはお菓子のベストセラーなのです〜v」
チ「ウサさん、そのピカピカしたチョコボールを取ってくれ!」
雪7

ウサ「どれにする〜?」
皆「ウーン……。」
沙悟浄「雪見大福がいいんじゃないですか。」
皆「!そうだよな♪」
雪1

皆「ブランコや滑り台で遊びたいな〜。かまくらも作りたい。」
ウサ「アイスが溶けちゃうぞ〜。」
皆「そうだった!早く帰ろ♪」
雪3

皆「ただいま〜!」
師父「おかえり。」
八戒「師父〜、今日はお店開いてたよ!オヤツいっぱい買ってもらったんだ〜♪チョコでしょ、アイスでしょ、それからビスケ…」
悟空「おい、庭に行くぞ、早くしろ!
八戒「わかったよ〜。」

悟空「こんなもんかな。」
沙悟浄「コタツの用意も出来たし、師父を呼んできますね。」
雪10

師父「立派にできたのう!」
悟空「さ、オヤツタイムですぜ!」
雪8

師父「雪を見ながら雪見大福か、洒落ておるではないか、誰のアイデアじゃ?」
チビ「沙悟浄さんですよ♪」
師父「さすが風流がわかる者は違うのう。」
沙悟浄「いえ、そんな…。」
八戒「悟浄〜、照れるなよ〜!」
ハハハハハハ!
皆「いただきま〜す!」
雪9

雪が降った〜!1

ウサ「今日はオヤツを買いに行くのは無理ね〜。」
皆「え〜〜っ!!」
悟空「ウサさん、「やっぱり年には勝てないのね〜」って言われますぜ。」
ウサ「う…わかったわよ、行けばいいんでしょ、行けば!」
師父「ウサさん、気を付けてな。」

ヒューッ!
チビ「折角だから公園に寄ってみましょうよ。」
師父2号「面白そうじゃの!」
ウサ「え〜っ!」
雪が降った9

沙悟浄「雪の公園もなかなか風情があっていいですね〜。」
悟空「皆、帰ったら雪だるまを作ろうぜ!」
皆「オオ〜ッ!」
ウサ「……。」
雪が降った8

皆「グラウンドも真っ白〜♪」
八戒「ここで雪合戦したら面白いだろうな〜。」
チビ「かまくら作りもいいですよね〜v」
ワイワイ♪
ウサ「…ねえ、そろそろ行きましょうよ。」
雪が降った7

皆「いつもと違って見える〜!」
雪が降った6

皆「………。」
雪が降った5

ウサ「しょうがないからコレ買って行きましょうか、カイロ代りになるし。」
皆「賛成〜!」

チビ「子供って元気ですよね、沙悟浄さん……あれ…沙悟浄さん?」
皆「………。」
雪が降った4

ウサ「沙悟浄さ〜ん!ごめんね〜!(涙)」
悟空「お前なんで先に帰らなかったんだ?」
沙悟浄「行き違いになると困ると思って…。」
ウサ「寒かったでしょう?」
沙悟浄「このくらい平気ですよ。」
雪が降った3

皆「ただいま〜!」
師父「おかえ…皆びしょ濡れではないか、早くコタツに入って暖まりなさい!」
雪が降った2

皆「シアワセ〜v後でこれ飲もうねv」
雪が降った1

2枚目の写真の所に沙悟浄さんを置き去りにしてしまいました。
発見した時は体が半分雪に…(涙)ごめんね〜!見つかって良かった〜!

ウサさんの部屋が完成しました〜。

ウサさんのお部屋は六畳間、
昭和な感じの簡単な流し台が付いていてとても便利なのですが、その分お洒落さに欠けますので、
ウサさん部屋11

家具の色を茶系でまとめたり、
ウサさん部屋15

(ミシン収納棚)
ウサさん部屋12

うささん2

ケトルを可愛い色にしたり、(ガス台に定番の青いゴム菅を付けなくちゃ!)
ウサさん部屋14

カーテンとこたつカバーをお揃いにしたりしてカバーしています。
ウサさん部屋13

<オマケ>
カーテンのふさ掛けです。
同じ形に切った厚紙を5枚重ねて貼り、最後に両面と側面に画用紙を貼りました。
近くで見ると超〜汚いです(笑)
ウサさん部屋16


只今、ウサさんのお部屋を作ってま〜す。

ウサさんのお部屋には流し台が付いてるんです(笑)
ウサ部屋3
またまた微妙〜なデキ(笑)これから水道の蛇口を作ります。

コタツも作りました〜。
ウサ部屋2


窓には花柄のカーテン。コタツ布団もお揃いにしようかな♪
ウサ部屋1




映画『項羽と劉邦』を観て来ました〜。

今日は映画『項羽と劉邦』(原題:王的盛宴)を観に行って来ました。
日本語字幕が付いたお陰で細部までスッキリくっきり、
感動と共に自分の中にまた新たな疑問や解釈も湧き起こってきています。
欲望、嫉妬、恐怖…人間の本質がギュッと凝縮された本物のドラマ!
みなさん、まだ遅くありませんよ〜、行きましょう、六本木シネマートまで!(〜2/11)←もっと早く書け!(笑)

映画の後は中華な仲間と楽しいランチv
勿論メニューも中華v
美味しかった〜v楽しかった〜v
皆さん、またご一緒しましょうね!

お土産にケーキを2個買って帰宅。
とても充実した楽しい一日でした。

豆乳シフォンケーキ&アップルパイ
シフォンケーキ1
シフォンケーキはしっとりしててメチャクチャ美味いんですよ〜v

どちらも北海道フーズ(東京駅、八重洲南口前)で購入。
こちらの燻製卵も絶品ですv

スージーちゃんがやって来た4

<ピカピカ作戦 その1>
ウサ「さりげな〜く通り過ぎる方がいいわよ。」
スージー「ワーカリマシタ。」
ウサ「来た来た!」

スージー「……。」
ピカピカ7

師父2号「その髪飾り、ピカピカして綺麗じゃのう!」
スージー「ドモアリガトウ、ワタシ、ツクッタネ。」
ピカピカ6

師父2号「それは何じゃ?」
スージー「ペンダントデース。ウササン、ツクッテクレタヨ。」
師父2号「ぜーんぶピカピカしておる。」
ピカピカ5

スージー「ニアイマスカ?」
師父2号「ハッキリ言って蛇足じゃな!」
ウサ「師父2号!」
スージー「ウササン、ダソクッテ、ナンデスカ?」
ピカピカ4

<ピカピカ作戦 その2>
ウサ「師父2号、袈裟を縫ったのよ。」
師父2号「おお、嬉しいぞ。」
八戒「綺麗だな〜、師父2号、早く着てみてよ!」
ピカピカ3

師父2号「どうじゃ?」
皆「とっても素敵ですよ〜v」
ウサ「スージーちゃんも手伝ってくれたのよ〜。」
師父2号「…道理でいつにも増して縫い目が荒いと思うたわ!」
ピキッ!ピキッ!
ピカピカ2

<節分の豆まき>
師父「今年は皆が鬼をやってくれるそうじゃぞ。」
ウサ「やった〜!今年はどんな鬼かな〜♪」

皆「ジャ〜ン!」
スージー「オオ、ピンクノオニ、トテモカワイイデースv」
師父「では始めるぞ、鬼は〜外!福は〜内!」
ピカピカ8

「鬼は〜外!福は〜内!」
悟空「イヤ〜ン、やめて〜!」
八戒「痛いわ〜!」
ピカピカ15

ウサ「追いつめたぞ!」
スージー「コウサンスルデス!」
ピカピカ14

クルッ!
皆「フフフフフ!」
ピカピカ13

ス、ウ「ギャ〜、怖い〜!」
皆「待て〜!」
ピカピカ12

ス、ウ「師父〜!」
師父「ん?どうしてそんなに怖がるのじゃ?わしにはラグビーボールにしか見えんがの。」
ピカピカ11

ス、ウ「…ラ、ラグビー…ブハハハハ!」
ピカピカ10

師父「ソレ、反撃開始じゃ!」
「鬼は〜外!福は〜内!」
悟空「師父〜、余計な事を…。」
ピカピカ9

スージーちゃんがやって来た3

スージー「ミンナ、オヤスミナサーイ!」
皆「おやすみ〜!スージーちゃん、明日も一緒に遊ぼうね♪」
スージー「ハーイ!」
スージーカメラ8

「ねえ、スージーちゃんもピカピカ作ってみる〜?」
スージー「ツクリタ〜イ!」
ウサ「じゃあ、明日やりましょ、あ、例の事もね♪」
スージー「トテモタノシミデ〜ス♪」
スージーカメラ7

チビ「明日は節分ですね〜。」
悟空「ププ、去年は師父が可笑しかったよな〜…よし、今年は俺様が鬼をやってやるか〜!」
チビ「やった〜!」
スージーカメラ6

翌日…
スージー「ウササン、コレデイイデスカ〜?」
ウサ「オッケー!じゃあ、次はピカピカを付けて〜…」
スージーカメラ4

スージー「ウササン、ナニヌッテルカ?」
ウサ「師父2号の……よ。」
スージー「オオ、ワタシモテツダイタ〜イ!」
スージーカメラ3

悟空「普通の鬼じゃつまらないからコレにしようぜ!」
チビ「…怖すぎですよ〜!」
師父2号「ではワシ達もやればいいではないか。」
皆「…賛成〜!」
八戒「ウサさんとスージーちゃん、驚くだろうな〜♪」
師父「お前達、程々にな。」
スージーカメラ2

ウサ「(スージーちゃん!この角度、イケてるんじゃない?)」
スージー「(イイデスネ〜v)」パシャ☆
スージーカメラ1

スージー「(ウササン!三蔵サマノヒョウジョウ、トテモステキダヨ。)」
ウサ「(ホントだ〜v)」パシャ☆
スージーカメラ5

続く

スージーちゃんがやって来た2

師父「いらっしゃい。」
スージー「ハジメマーシテ、ワタシ、スージーイイマス。ドゾヨロシク。」
師父「三蔵と申します、よろしく。」
スージーお風呂14

<トランプタイム>
〜ダウト〜
悟空「師父〜w正直なだけじゃ生きていけませんぜ。」
師父「ははは、参ったのう。」
八戒「2号の方は強いのにな〜。」
スージーお風呂13

〜神経衰弱〜
八戒「師父〜、どうしてそんなに記憶力がいいの〜?」
師父「気合いじゃよ。ヤル気さえ起こせばお前も出来るのじゃぞ。」
八戒「へ〜い。」
チビ「スージー殿、なかなかお強いですね〜。」
スージーお風呂12

〜ババ抜き〜
最後の3枚…
スージー「どっちにしようかな〜。」
師父「……。」
スージー「フフ、これ!」
スージーお風呂11

スージー「ヤッタデス!」
師父「……。」
悟空「ククク…。」
スージーお風呂10

<ゲームタイム>
ピコピコ♪
スージー「マリオ、オモシロイデース♪」
スージーお風呂9

チビ「アッ、落っこちちゃった〜!」
八戒「チビと師父2号はホント鈍臭いよな〜。」
師父2号「なんじゃと〜!」
スージーお風呂8

お台所…
沙悟浄「ウサさん、お皿はこれでいいですか?」
ウサ「オッケー!ホント助かるわ〜、沙悟浄さんありがと。」
スージーお風呂7

<お夕飯>
悟空「では、スージーちゃんとの再会を祝して!」
皆「カンパーイ!」
スージーお風呂6

ウサ「この店のシュウマイ、とっても美味しいのよv食べてみて!」
スージー「…オオ、トテモデリシャスネ!アレ、ミンナハタベナイデスカ?」
ウサ「出家人は肉や魚を食べないのよ。」
スージー「オー、ヘルシー、ショクセイカツ!」
スージーお風呂5

<お風呂タイム>
気持ちいい〜♪
スージー「ウササン、三蔵、ソンナニヒカルモノ、スキカ?」
ウサ「うん、相当よ。ツリーのライトでしょ、それからビー玉、あ、この前は私のブローチにも反応したわw」
スージー「ソウナノカ……。」
スージーお風呂3

ウサ「…もしかしてスージー、三蔵の事が好き?」
スージー「ナ、ナンデワカルデスカ?」
ウサ「そりゃ〜ね、ワタシも三蔵様ラ〜ブだものv」
スージー「…モシカシテ、ワタシタチ、ライバルカ?」
ウサ「違うわよ〜、私の王子様はもう一人の方v」
スージーお風呂2

ウサ「ねえ、もうすぐバレンタインでしょ、二人でとびきり素敵なチョコを作らない?」
スージー「ワタシ、オリョウリ、ニガテネ。」
ウサ「大丈夫、とってもいいアイデアがあるからvあのね、ゴニョゴニョ……。」
スージーお風呂1

師父2号「ウサさん、茶が飲みたい!ウサ…」
沙悟浄「お風呂だと思いますよ。」
師父2号「まだ入っておるのか、全く、おなごの長風呂には困ったものじゃ。」

続く

スージーちゃんがやって来た1

ウサ「皆〜、明日スージーちゃんが遊びに来るって〜♪」
スージー13

八戒「ワーイ!楽しみだな〜♪」
悟空「部屋を片付けてトランプやゲームの用意をしとこうぜ!」
皆「おーっ!」
師父2号「……。」
スージー12

スージー「コンニチハ〜!」
皆「来たっ!」
ダダダ…
スージー11

皆「いらっしゃ〜い!この前はお世話になりました〜!」
スージー「ミナサーン、オヒサシブリデース。」
ワイワイ…
スージー10

ウサ「スージーちゃんに冬物のワンピースを作ったのよ〜。」
スージー「オオ、ウレシーデス!コノフク、スコシ、サムイネー。」
スージー9

お着替え中…
ウサ「どう?」
スージー「ピッタリデース!ウササン、ドモアリガト!」
スージー3

ウサ「皆、お待たせ〜♪」
スージー8

八、チ「わ〜、可愛い〜v」
悟空「誰かさんとはえれぇ違いですぜw」
ピキッ!
沙悟浄「兄貴、いい加減にしろよ。」
スージー「??」
スージー7

スージー「三蔵〜、ニアイマスカ?」
師父2号「……まあな…ピカピカが足りぬが。」
スージー6

スージー「ピカピカトハ?」
悟空「師父2号はカラスと同じで光ってるものが好きなんでさ〜w」
ウサ「プッ!」
師父2号「悟空!カラスとはなんじゃ、カラスとは!」
スージー4

ウサ「まず寺の住職さんの所に案内するわね〜。三蔵様とおっしゃるのよ。」
スージー「エッ?…三蔵ココニイマ〜ス。」
師父2号「そうじゃ、ここにおる!」
八戒「ここにいるのは2号〜、本物はもっと優しくて〜、美しくて〜、頭良くて〜」
悟空「嫌味で〜、説教臭いのw」
ウサ「プッ!さ、着いたわ。」
スージー2

コンコン!
ウサ「師父〜、スージーちゃんをお連れしたんだけど。」
師父「どうぞ。」
スージー1

続く